ピーナッツバターの本: いろんな食べ方大発見! 毎日を笑顔にするとっておきレシピ

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416716052

作品紹介・あらすじ

ピーナッツの産地、千葉県九十九里で生まれたピーナッツバターブランド・HAPPY NUTS DAYによる、日本初のピーナッツバターの食べ方BOOK。

「ピーナッツバターってどんなもの?」「食べ方がわからない」「買っても全部使い切れない」という人も多いのではないでしょうか。
そこで、本書ではピーナッツバターの魅力から、全国各地の食ツウたちが教えてくれるとっておきの食べ方を紹介。
ヘルシーなドリンクやパンケーキ、フレンチトーストなどのスイーツから、野菜をたっぷり食べられる魅惑のディップなどピーナッツバターを余すところなく活用し尽くし、お腹も心もハッピーになる全てをここにぎゅっと詰め込みました。

今日も明日も明後日も……、いつでも食べたくなるような、ピーナッツバターの魅力をたっぷりとお届けします。
また、HAPPY NUTS DAYが自信を持って紹介したい食ツウたちのアイデアは、日々の生活に役立つこと、間違いなし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピーナツバターって最後まで使い切れたことがないんだけど、マヨネーズや絹ごし豆腐と和えてディップにしてみようかな。海老のココナツミルク煮とかフォーとか美味しそう♪

  • ピーナッツバター すごいっ 作ってみたら美味しい。
    サラダに入れたり お肉のソースにしたり 煮物の隠し味にしたり 万能。
    買うと高いけど うちで上手にできました

  • おいしいピーナッツバター食べたい

  • レシピ欲しい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

HAPPY NUTS DAY:「高齢化と過疎化の進む、地元・九十九里を盛り上げたい」そんな想いを持った、スケートボードやBMXを通じて知りあった3人の若者たちが、ピーナッツバターの会社「HAPPY NUTS DAY」を立ち上げた。地元の農家や腕ききの焙煎職人の手を借りながら、2年近くの思考錯誤の末、完成。そのピーナッツバターがフードディレクター野村友里さんの目に止まったことを皮切りに、食ツウたちの注目を浴び、2013年のスタート以来、取り扱い店舗は全国に90店舗近くにまで拡大。2013年10月から2014年1月に開催されたスヌーピー展(六本木ヒルズ・森アーツギャラリーセンター)では、スヌーピーとコラボしたピーナッツバターを販売し、瞬く間に完売となる。日本にピーナッツバターブームを巻き起こした。

「2016年 『ピーナッツバターの本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ピーナッツバターの本: いろんな食べ方大発見! 毎日を笑顔にするとっておきレシピのその他の作品

ツイートする