小麦粉なしでおいしいフランス菓子: グルテンフリーでカラダにいいことはじめました

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416716656

作品紹介・あらすじ

グルテンフリーでつくるおいしいフランス菓子のレシピ本。

小麦のかわりに、米粉やトウモロコシ粉などを使用して、フランス菓子を作ってみませんか?
小麦の分量をそのまま代用粉でつくってしまうと、パサパサしたり、固まらなかったり・・・。
そこで、代用粉によっておいしく作れる魔法の分量をお教えします。

フランスの伝統菓子から、フランスの地方菓子、ティータイムのお菓子、グーテの時間、食後のデザートに分けて
おいしいお菓子の作り方をご紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グルテンフリー料理のバリエーションを増やすべく本屋をぶらついたところ,本書が目に入って即購入.米粉などでフランス菓子というのはとても興味深かったが,現時点の私のスキルではどれも難しくて作れそうにない.まぁせっかく買ったのだから,1つ1つチャレンジしていきたい.

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

大森 由紀子:フランス菓子・料理研究家。学習院大学フランス文学科卒。パリ国立銀行東京支店勤務後、パリの料理学校で料理とお菓子を学ぶ。フランスの伝統菓子、地方菓子、ストーリーのあるお菓子や、田舎や日常でつくられるフランスのお惣菜などを、雑誌、本、テレビ等で紹介している。フランス地方菓子・フランス料理の教室「エートル・パティス・キュイジーヌ」を主宰。「わたしのフランス地方菓子」、「フランス地方のおそうざい」(ともに柴田書店)、「パリスイーツ」(料理王国社)、「物語のあるお菓子」(NHK出版)、「ママンの味、マミーのおやつ」(文藝春秋)、「フランス菓子図鑑」(世界文化社)、「ベーシック・フレンチ」(世界文化社)など、著書30冊以上。フランスの伝統&地方菓子を伝える「ル・クラブ・ド・ラ・ガレット・デ・ロワ」の理事やスイーツ甲子園審査員&コーディネーターを務める。

「2016年 『小麦粉なしでおいしいフランス菓子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小麦粉なしでおいしいフランス菓子: グルテンフリーでカラダにいいことはじめましたのその他の作品

大森由紀子の作品

小麦粉なしでおいしいフランス菓子: グルテンフリーでカラダにいいことはじめましたを本棚に登録しているひと

ツイートする