写真の撮り方ハンドブック

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.79
  • (17)
  • (19)
  • (24)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 185
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416808597

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一眼をだいぶ使えるようになったけど、
    よく分からない機能がある。
    こんな雰囲気の写真が取りたいけどいまいち上手く決まらない…
    みたいなもやもやが少し解決したような気がします。

  • 一眼買った直後に読むほど素人向けではないけど
    二度目に読んだら理解できることも増えた。
    よくまとまっている気はする

  • やっと巡り会えた。

    写真の撮りかたを丁寧に解説してくれている本。


    細かいところがわかんなかったり、シャッターを押すまでに何を考えてどの操作をするのかが独学過ぎて不安だったけれど

    安心できた。素晴らしい。
    フィルムカメラの話も入ってるので、それも良かった。

    読み込んで、あとは実践あるのみ!

  • カメラ初心者にもわかりやすい入門書。
    基礎的なことから発展的なところの入門まで導いてくれる良書。とても読みやすく、写真が撮りたくなる一冊。

  • 書いてあることは基本的なことで、ほとんどが他の初心者向けカメラ書にも書かれていることばかりだけど、サンプル写真がステキなので、写真集として眺めるも良し。

  • カメラの基礎を学ぶための1冊。分かりやすく書いてある。専門用語の説明有り。一眼レフだけでなくフィルムカメラについても説明あるし、暗室入門もあり。

  • 図書館
    なんか結論として、
    たくさん写真を見る。たくさん考えて写真を撮る。
    その二点に集約されるのかな。

  • 一眼レフ勉強中!にてよんだ1冊。
    今までのカメラ本のなかでいちばん読みやすかったきがする。

  • わかりやすい

  • カメラについては超々初心者なので、今までずーっと疑問に思っていたことを解決したくて読みました。

    フィルムカメラの仕組みから優しく解説されてて、初心者が読むにはとても良い本。
    ただし、ある程度カメラに親しんでいる人には物足りないと思う。

    今までオートでばっかり撮ってたけど、この本片手に、ホワイトバランスや露出、シャッタースピード、いろいろいじってみたいわ。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年東京生まれ。明治学院大学卒業。写真家テラウチマサト氏に師事。写真雑誌「PHaT PHOTO」の創刊に参加。2003年独立。著書多数。近著に「プロワザが身につくストロボライティング基礎講座」「デジタル一眼 露出&WB早わかりQ&A150」(いずれも玄光社)、「ポートレートの新しい教科書」(MdN)など。カメラ雑誌への寄稿多数。Profoto公認トレーナー。個展は2014年TIPギャラリー、2015年ポーラミュージアムアネックスなど精力的に活動中。
ホームページ:http://fantastic-teppy.chips.jp

「2017年 『デジタル一眼 レンズ&構図 早わかりQ&A150』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河野鉄平の作品

写真の撮り方ハンドブックを本棚に登録しているひと

ツイートする