まさか?のへんな立体―「ありえない動き」の立体だまし絵に驚く!

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416810583

作品紹介・あらすじ

ボールが坂道をコロコロと登っていく?世界をアッといわせた不思議な「立体だまし絵」。ベスト錯覚コンテスト世界大会優勝作品掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母校の図書館で実際に作った物を展示していた。
    娘の夏休みの自由研究で使えるかなと思い試しに読んでみた。
    すごく単純な仕組みだが、展開図の縮尺はコピーを前提にしており、長さや角度など書かれていない。
    多分微妙な長さや角度などで表現しづらいためだと思うが、ちょっと残念。

  • 画家M.C.エッシャーの『上昇と下降』で階段を登り続ける人々と構造が似た、特定の視点から眺めると、ビー玉が上り坂を転がってゆくように見える四角形の四辺に配置した坂道などを、紙工作で作成できる。展開図付き。以下のページに著者による動画あり。
    http://gcoe.mims.meiji.ac.jp/jpn/movie/impossible_motions2/

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

杉原 厚吉:岐阜県出身。1973年、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了、同年、通商産業省(現・経済産業省)電子技術総合研究所研究官。80年工学博士、81年名古屋大学大学院工学研究科助教授。91年東京大学工学部教授、2001年同大学大学院情報理工学系研究科教授。2009年4月より明治大学 研究・知財戦略機構特任教授。2010年より科学技術振興機構(JST)CREST研究代表者。専門は数理工学。だまし絵や錯視の数学的研究も行っており、ベスト錯覚コンテスト優勝2回、準優勝2回。
著書には、『不可能物体の数理』(森北出版)、『トポロジー』(朝倉書店)、『スウガクって、なんの役に立ちますか?』、『すごくへんな立体』、『だまし絵の描き方』(いずれも誠文堂新光社)、『だまし絵と線形代数』(共立出版)など多数。

「2018年 『新 錯視図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉原厚吉の作品

ツイートする