回転スシ世界一周 (酒文ライブラリー)

著者 :
  • TaKaRa酒生活文化研究所
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418002146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 所在: 展示架
    請求記号:596.21||Ta78
    資料ID:10001683

  • 10年位前の世界の回転スシ事情を現地で取材したルポで、パリやロンドン、アメリカで回転スシがどのように受容されているか、っていう話。日本でも10年位前ずいぶんと回転スシがはやってて、いったん下火になって、また最近復活したなあ、と思ってるんだけど、これは徳島限定の現象だろうか。何はともあれ、食は文化だ!

  • われわれの親の世代には、お寿司といえばお客さんがきたときに取るもの。ちょっといいごちそうだった。でもよく考えれば江戸前寿司はファーストフード。今また回転寿司で寿司の敷居が低くなった。
    パリやロンドンやカリフォルニアの回転寿司事情がおもしろく読める

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

玉村 豊男:エッセイスト、画家。 1945年東京都生まれ。父は日本画家の玉村方久斗。東京大学文学部仏文学科卒業。在学中にパリ大学言語学研究所に2年留学。1991年より長野県東御市在住。ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー代表。長野県「おいしい信州ふーど(風土)」名誉大使。1997年『パリ 旅の雑学ノート』、1980年『料理の四面体』を刊行してエッセイストとしての地歩を築く。1989年長野県植田氏の「原画廊」で初個展。1994年以後は毎年数回の個展および各地での巡回展を開催。

「2018年 『はじめて描く人へ 花の水彩画レッスン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

回転スシ世界一周 (酒文ライブラリー)のその他の作品

玉村豊男の作品

ツイートする