だからオペラは面白い ―舞台裏の本当の話

著者 : 佐々木忠次
  • 世界文化社 (2000年10月20日発売)
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418002184

だからオペラは面白い ―舞台裏の本当の話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "人生を楽しむため、劇場に行こう”
    ありがとう佐々木さん。今日も行きます。

  • 米国がオペラ歌手にとって有名になってから行く「象の墓場」であり、その後、有名な名前だけでピークを過ぎて日本に来て稼げることから、「象の楽園」という説明には笑えます。日本にミラノ、ウィーン、バイエルンなどの有名なオペラ引越公演を誘致してきたというプロモーターの裏話は大変楽しい本でした。エディタ・グルベローヴァの完璧さの裏にある自制心、カルロス・クライバー、マリア・カラスなどのキャンセル事件はやはり完璧を求める姿勢という好意的な書き方の反面、プラシド・ドミンゴにはまたキャンセルされたという書き方は、ウィーン・フィルとの確執が原因であったり、著者が怒っている様子が非常に正直に出ていました。それにしても、マリア・カラスの「トスカ」を生で見たなどと書かれており、1933年生まれの著者の若い日からの活躍というか、贅沢な体験は羨ましい限りです。

全3件中 1 - 3件を表示

佐々木忠次の作品

ツイートする