御力

著者 : 葉室頼昭
  • 世界文化社 (2004年1月発売)
3.95
  • (7)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418045020

御力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神道について改めて考えるきっかけになりました。葉室さんの他の本も読んでみたい。

  • バブルの件、他の本にも書いてあって、
    そのときは、確かにそうだと思ったけど、ふと、
    それもそうなんだけど、と思った。

    考えてみればバブル経済が永遠に続くはずがない。
    うんうん、もちろんそう。
    だけど、それが永遠に続くと思った人がほとんど、
    なのではなくて、わかってはいたけど、ひくにひけなくなったひと、
    というのもたくさんいたのではないかな~ということ。

    それは、戦争のときの日本と似ていたかもしれない。
    本当に勝てると思っていた人はそんなにいなくて
    でもそれでも「勝つ」つもりでやらなければいけなかったし
    負けるなんてことは口にもできなかった。

    バブルもどこかそういった
    乗りかかった船のようなところがあって
    イケイケドンドンな風潮の社会に「そろそろやめときます」
    「おります」なんてことは言えなかったし、
    また、そうすることは自ら景気を下げることであるからして、
    中小企業の連合体からすれば裏切りになり
    「こっちだってほんとはやめたい、でもやめられない」
    というような状態になっていた部分もあったのではないかな~
    と、この本とは関係ないとこで考えてみた。

    だって、景気が上がりすぎれば破たんするなんてわかりきったこと、
    誰しもうっすらでも気づいていたのではないかな。

    もちろん、この本で葉室さんがおっしゃっていることは
    その通りだと思うし、反対意見を述べたいわけではない。

    ただ、みんながみんな浮かれて気付かなかった、
    ずーっと好景気が続くと思ってたーなんていう
    おのんきさんでもなかったんだろうな~って
    思ったので、とりあえず書いとくことに。

  • 良い本です。

  • 初葉室宮司本。

    もの凄いタイトルに資料買いするのにもちょっとたじろいだほど。
    マインドコントロール受けそうな内容だったらどうしようかと思いつつ手に取ったら
    余りの面白さに即行レジへ。

全4件中 1 - 4件を表示

葉室頼昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安岡 正篤
エンリケ・バリオ...
スペンサー ジョ...
斎藤 一人
ロンダ・バーン
村上 和雄
パラマハンサ・ヨ...
有効な右矢印 無効な右矢印

御力はこんな本です

ツイートする