ナンシー関激コラム 世情編

著者 :
  • 世界文化社
3.71
  • (4)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418045181

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 故ナンシー関さんのコラム集。独自の視点と毒と優しさと敬意と自虐と照れと、様々なものが混じり合う。この方、マツコ・デラックスに近いとの話を聞くが、本書を読めば似て非なるものと分かる。リアルタイムでは読んでなかったことを悔やむ、、、

  • ちょっと疲れていたので軽いの読みたいなーと手に。今読んでみるとネタ古いーとか思うけど、充分笑えました。きっとタイムリーで読んでいたら、毒吐きすぎていて、個人的には嫌いなタイプだったと思います。年取るってこういうことなんだな…。にしても亡くなったのは早すぎ。今の日本の版画&コラムを読みたかったです。

  • あまり語られないことかも知れないがナンシー関の文章は徹底してロジカルである。
    「なぜこの人物が・・」という疑問を足がかりにある種の真理にまで到達している。ただのTVタレントに対してここまでの仕事が出来ている、という才能、能力の完全な無駄使いに感動さえ覚える。

  • ナンシー あぁナンシー

  • 200508

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1962-2002 青森県生まれ。法政大学中退。消しゴム版画家。雑誌のエッセイや対談でも活躍中。著書に『ナンシー関の顔面手帖94夏』『信仰の現場』『小耳にはさもう』ほか多数。

「2014年 『語りあかそう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナンシー関の作品

ツイートする