百人一首―王朝人たちの名歌百選 (ビジュアル版日本の古典に親しむ (2))

著者 :
  • 世界文化社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418052233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    『折々の歌』でお馴染みの大岡信さんが掲載している百首のそれぞれを丁寧に解説しています。また、歌の心象風景をワイドな写真で表現しました。四季折々の自然を詠んだ歌、男女の恋、愛を詠んだ歌などの作中世界に浸ることができます。もちろん、第一巻の『源氏物語』と同様、脚注でわからない言葉をつぶさに解説し“読みやすく、わかりやすい”一冊に仕上げました。

    【キーワード】
    参考書・古典・百人一首・短歌


    ++1

  • 「ビジュアル版 日本の古典に親しむ」シリーズの2巻目。「ビジュアル版」の名の通り、歌に合わせた大きな写真がとても美しい。百首それぞれの初出、成り立ち、鑑賞など。巻末付録の「歌人事典」と「ゆかりの地へ」がちと不便。

  • 美を探して…(日本の古典編):3
    日本の歌の源泉!

  • YA

  • やはり日本人です。お正月だけではなく、たまには、戻って見直してみましょう。児童書コーナーにある、こういったビジュアル版ものは大変によろしい♪私にちょうどよい♪思い出したり、お勉強にもなります。あはははっ♪

  • 『あまりにも技巧的でつくりものめいているという見方もあろう。しかし慶祝の歌にあってはこういう発想は当時むしろ最も自然だったということを見落としてはなるまい / 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ(僧正遍上)』

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1931(昭和6)年、三島市生まれ。詩人。歌人大岡博の長男。父と窪田空穂の影響で、沼津中学時代に作歌・詩作を行う。一高文科から東大国文科卒業。在学中に「現代文学」、卒業後「櫂」に参加し、「シュルレアリスム研究会」「鰐」を結成。読売新聞外報部勤務を経て、明治大学・東京芸術大学の教授をつとめた。詩と批評を中心とした多様な精神活動を行い、また連歌から発展させた連詩を外国人とも試みている。日本芸術院会員。
詩集―「記憶と現在」「春 少女に」「ぬばたまの夜、天の掃除器せまつてくる」「旅みやげ にしひがし」「丘のうなじ」など。
著書―「折々のうた」「新折々のうた」など多数。

大岡信の作品

ツイートする