ウィリアム・モリスの楽園へ (ほたるの本)

著者 :
  • 世界文化社
3.53
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418055036

作品紹介・あらすじ

石榴、薔薇、チューリップなどの植物をモチーフにあしらった、壁紙やカーテンなどで一世を風靡し、今も人気のウィリアム・モリス。生活の細部まで薫り高い芸術で満たすことを夢見たモリスの生涯。今も息遣いが聞こえる、家族と過ごした思い出深い家々。デザインの理想を色濃く残した建物。花と自然を愛した芸術家を追った英国紀行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 植物の曲線が美しいんだよなぁ

  • ウィリアム・モリスの生涯が簡潔に書かれており、
    他は、彼の住んでいた町や、デザインしたものなど写真で構成されている。
    とても素敵なデザインは、自然という素敵な環境の中で生まれたんだろう。
    住む場所は、創作に多大な影響を与えるのだろう。
    また、彼が通ったであろう美しいステンドグラスのある協会が、印象的だった。
    家具やタペストリーに加え、書籍など彼の才能は本当に多岐に渡っている。
    そして、アーツ&クラフツ運動という功績、理念はとても素晴らしいと思う。
    いつかレッドハウスを訪れてみたい。

  • ウィリアムモリスのデザインはたくさんで目にしてきてるのに、どんな人なのか知らなかったので、興味深かった。

  • 英国のアールヌーヴォーや、アーツ&クラフツに興味があった。
    モリスのデザインでは、鳥をモチーフにしたものが好きで、
    いつか訪れる縁の地に思いを馳せ、ガイドブックとして利用した。
    デザインの背景がざっくりとわかり、豊富な写真とあわせて楽しんだ。
    また、妻と友人との三角関係を知り、人としても興味をおぼえた。

  • ウィリアム・モリスの作品と活動、彼の人生と活躍した時代を知るには絶好の入門書。写真も美しい。

  • ウィリアム・モリスがだれなのか知らず、ただ載っているお家が可愛いから買いました。可愛い家や庭や家具を猛烈に愛しています。

  • 美のある生活。其れは自らの研磨。

全7件中 1 - 7件を表示

南川三治郎の作品

ツイートする
×