世界遺産 サンティアゴ巡礼路の歩き方

著者 :
制作 : 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会  日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会 
  • 世界文化社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418102013

作品紹介・あらすじ

豊富な写真で綴る世界遺産カミーノ・デ・サンティアゴ巡礼。巡礼街道に花咲くロマネスク文化の華を南川のカメラ・アイで紙上に詩情ゆたかに再現。5人の巡礼体験者が語る旅の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画星の旅人たちを見てサンティアゴ・デ・コンポステーラをもっと知りたくなり関連書籍を図書館で探しました。
    大判で美しい写真の隅々まで堪能できました。
    まるで登山かハイキングのような巡礼者たち。いろいろな国から集まってきて、立ち寄った場所でスタンプを押してもらい、旅が進むにつれてスタンプはたまり、心の重荷からも解放され、達成感のあふれた表情になっていく。
    いつか歩きたい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「映画星の旅人たちを見て」
      映画自体は如何でしたか?(良かったから関連書籍を探されたのでしょうけど)
      何か心に秘めるモノ(信仰)が無ければ、...
      「映画星の旅人たちを見て」
      映画自体は如何でしたか?(良かったから関連書籍を探されたのでしょうけど)
      何か心に秘めるモノ(信仰)が無ければ、巡るコトは難しそうですよね。軟弱な私はガイドブック片手に安楽椅子巡礼します。。。
      2013/02/26
    • koshian-sakuraさん
      いいねボタンをありがとうございます。
      気がつくの遅すぎでごめんなさい。
      映画はとてもべたと言えばべたなんですけれど、それでも、欧米に巡礼の道...
      いいねボタンをありがとうございます。
      気がつくの遅すぎでごめんなさい。
      映画はとてもべたと言えばべたなんですけれど、それでも、欧米に巡礼の道があるなんて初めて知ったので、とても刺激を受けました。
      信仰がなくても、自分の願う何かのためにこの道を歩いてもいいんですって。
      体を鍛え、英語を学び、そして何か語るべきものを見つけて、いつか世界の人たちとコミュニケーションできたらいいなと夢見ています。
      2013/06/10
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「何か語るべきものを見つけて」
      それは素敵です。
      ある意味、祈りや希いの共有が、相互理解に繋がるように思えます。。。
      「何か語るべきものを見つけて」
      それは素敵です。
      ある意味、祈りや希いの共有が、相互理解に繋がるように思えます。。。
      2013/09/06
  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】 293||M
    【資料ID】91093264

  • サンティアゴ巡礼って何?という人にもわかりやすく、カラー写真豊富で楽しめる1冊。フランス側ヴェズレーからピレネーを超えスペインに入り、終着点サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの名所が紹介されている。監修が日本カミーノ・デ・サンティアゴ(サンティアゴ巡礼)友の会で、巻末には日程別おすすめルートや荷物の準備・宿泊等の巡礼のための情報も載っていて、読んでいるだけで行ってみたいという気にさせられる。友の会発行の公式ガイドブックは『聖地サンティアゴ巡礼 世界遺産を歩く旅』(ダイアモンド社)

全4件中 1 - 4件を表示

南川三治郎の作品

ツイートする