日本の森から生まれたアロマ

著者 : 稲本正
  • 世界文化社 (2010年9月4日発売)
3.93
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418104123

日本の森から生まれたアロマの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本産アロマはこうして生まれた。心身の健康と地球の健康を繋ぐ日本産アロマ。日本産アロマが香るヒノキ製しおり付!

  •  岐阜県飛騨高山の森で、製油(エッセンシャルオイル)を抽出するための枝葉が集められる。「お椀から建物まで」をモットーに、オークヴィレッジの代表として木を扱う仕事をしてきた著者が、森を手入れし、守っていくための活動の一環として、研究を始めたアロマ。クロモジ、アスナロ、ヒノキ、モミ、スギ…日本の森の樹木から、珠玉の香りが生まれる。ブレンドの基本、芳香浴など実用ガイドも収録。

  • 日本の森の木々からも良質なアロマが取れるのか、とまずはびっくり。
    今まではローズウッドなど外国の樹木から取れるアロマを使ってましたが、日本人に親しみのあるマツやヒノキの香りをアロマとして活用できるならこんなに素敵なことはないと思います。
    日本の森の魅力を再発見しながら、アロマの可能性の広がりを感じられる一冊。

  • 日本産のアロマを作っている人の本。
    医療まではいかないけれどかなり効果的に使えるのではないかとの、こと。
    黒文字に杉、アスナロにヒノキ、モミ、姫小松、ニオイコブシ、山椒、水目桜。
    に、米ぬかから作るライスキャリアオイルを作っているそうだ。
    本にカタログは載ってないが、サイトはある。
    そして、欲しいけれどやっぱりちょっと高価な感じ。
    その理由が本に書いてあるんだけど。
    あとちよっと古い男の人といった感じの文体。

全4件中 1 - 4件を表示

稲本正の作品

日本の森から生まれたアロマはこんな本です

ツイートする