かたじけなさに涙こぼるる 祈り 白洲正子が見た日本信仰

著者 :
  • 世界文化社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418105076

作品紹介・あらすじ

「白洲正子 神と仏、自然への祈り」展、監修・白洲信哉氏が祖母に送る、最後のオマージュ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自らの足で歩き、土地で感じることを第一とし、形のない何事かを相手が語りかけてくれるまで、ただ耳を澄ませて待つ。心で感じられても言葉にはなかなかできないものを丹念に綴る。白洲正子の神々しいばかりの信仰心も尊いが、並行する写真の方にも心を強く惹かれた。美しく神秘的で荘厳。日本特有の美を堪能した。

  • 西行法師の「何事の おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるるる」この歌のように日本の美しい姿が紹介されています。
    祖母が白州正子が見た日本人の信心、それを孫である著者の白州信哉がエッセイを書かれています。写真もとてもすばらしいです。

全3件中 1 - 3件を表示

白洲信哉の作品

ツイートする