築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂 (切り身やさくを使った超簡単レシピを満載!)

著者 : 小川貢一
  • 世界文化社 (2013年3月13日発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (100ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418133086

作品紹介・あらすじ

『ビッグコミック』の人気連載『築地魚河岸三代目』。監修をつとめる著者が、誰でもできるとっておきの魚料理を大公開!定番和食からフレンチ、イタリアンまで。

築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂 (切り身やさくを使った超簡単レシピを満載!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魚料理のレパートリーを増やしたいと思い。

  • 「築地の人気魚料理店の店主が教える“のり”の絶品レシピ2種」

    ちょっとしっけてしまった「のり」、家のどこかで発見したら、しめたもの(笑)。佃煮にしたりあぶったり、いくらでもおいしく応用できるんです。大勢集まったときの、ビールのお供に最適な“のり再生”レシピをご紹介。

     * * *

    [れんこんの磯辺揚げ]
    ■材料(8個分)
    れんこん(すりおろし) 200g
    焼きのり 1枚(全型21×19cm)
    揚げ油 適量
    塩 適量

    ■作り方
    [1]皮をむいたれんこんをすりおろし、8つ切りにしたのりの上にのせ、180度の揚げ油で揚げる。

    [2]軽く塩をふりかけてできあがり。


    -----
    [自家製のりの佃煮カナッペ]
    ■材料(6個分)
    ☆焼きのり 1枚(全型21×19cm)
    ☆酒 150cc
    ☆しょうゆ 75cc
    油揚げ 2枚
    クリームチーズ 6枚
    ※「☆印」はのりの佃煮の材料

    ■作り方
    [1]酒、しょうゆを入れた鍋に、焼きのりをちぎりながら入れ、のりが水分を吸ってやわらかくなったら中火で5分ほど、焦げつかないように煮詰めてのりの佃煮を作る。

    [2]かりっとあぶった油揚げを3等分に切り、クリームチーズをのせ、その上にのりの佃煮をのせる。

    ~『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂』(小川貢一)より抜粋



    -----------
    「おうちで作れる、簡単で本格派! しめさば美味レシピ」

    たっぷりの塩でしめてから、レモンで風味づけ。家庭でできる、簡単&本格しめさば、ここに登場!

     * * *

    ■材料(4人分)
    さば(3枚おろし) 1尾
    塩(海水塩) 適量(塩でさばが隠れるくらい)
    レモンのしぼり汁 2個分

    ■作り方
    [1]バットにさばを入れ、皮目に軽く塩をふった後、身の面を上にして、さばが隠れるくらいにたっぷりと、まんべんなく塩をふる。

    [2]50分ほどおいたら取り出して塩を水でさっと流し、余分な水分を拭き取る。

    [3]さばをバットに戻し、ペーパータオルをかぶせ、その上からレモンのしぼり汁をかけ、15分漬けておく。取り出して薄皮をはぎ、飾り包丁をいれ、そぎ切りにする。

    ☆ワンポイントアドバイス
    しめさばといえば、酢でしめる、と思っている人が多いが、本来は塩でしめるもの。さらに今回はレモンのしぼり汁を使ってさっぱりと。さばは、必ず刺身用のさばを使うこと。

    ~『築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂』より抜粋

全2件中 1 - 2件を表示

小川貢一の作品

築地「魚河岸三代目 千秋」店主・小川貢一のおさかな食堂 (切り身やさくを使った超簡単レシピを満載!)はこんな本です

ツイートする