アラン・デュカスのナチュールデザート 白砂糖を減らしてシンプル・ヘルシー・美味しい

制作 : 藤木 稚子 
  • 世界文化社
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418133093

作品紹介・あらすじ

「おいしいだけでなく、シンプルでヘルシーでなくっちゃ!」とフレンチ界の巨匠アラン・デュカスさん。<br/>三ツ星レストランをパリとモナコに2軒持ち、華麗な美食を提案しつつも、食の原点である「自然のおいしさ」、「シンプルに料理する喜び」を再発見してもらうことが料理人の使命と語ります。本書では、バランスのとれた食事にふさわしい果実や種実、シリアルを主素材にし、びっくりするほどのシンプル調理で甘さを控えたレシピを紹介。白い砂糖はほとんど使わず、はちみつや黒砂糖、米あめといった甘みを使用。油脂はオリーブ油が中心です。こんな三ツ星デザートに出会えるのはこの本だけ。ビギナーでも簡単に作れます。86レシピ収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙が気に入ったので購入

  • 「名シェフ アラン・デュカスの『ムース・オー・ショコラ、しょうが風味』レシピ」

    誰に作ってあげても、絶賛されるおいしさ。濃厚なチョコレートムースにしょうがの香りがアクセントになり、やみつきになります。

     * * *

    ■材料(6人分)
    しょうが 5cm(皮をむいたもの20g相当)
    グリーンレモンまたはライム(農薬、防黴剤不使用のもの。なければ黄色いレモンで代用可) 1個
    ビターチョコレート(カカオ分70%) 250g
    卵 4個
    生クリーム 100ml
    塩 ひとつまみ

    ■作り方
    [しょうがとライムの下準備をする]
    [1]しょうがは皮をむき、すりおろして汁気を軽く搾る。グリーンレモンまたはライムの果皮(色のついた部分)をおろし金などですりおろし、しょうがと合わせてボウルに入れておく。

    [ムースを作る]
    [2]ビターチョコレートを小さく刻み、別のボウルに入れる。卵は卵黄と卵白に分けておく。

    [3]鍋に湯せん用の湯を沸かし、ふつふつしてきたら[2]のボウルの底をあて、ときどきかき混ぜながらチョコレートを溶かす。チョコレートが溶けたら、湯せんからボウルをはずし、卵黄を加えて混ぜ、次に生クリームを加え、よく混ぜる。

    [4]卵白をボウルに入れ、塩を加え、泡立て器でしっかり泡立ててかたいメレンゲにする。[3]に少しずつ加え、泡をつぶさないようにゴムべらでクリームを混ぜ合わせる。

    [5][1]を加え、泡をつぶさないように混ぜ、ボウルまたは器に入れる。食卓に出す直前まで冷蔵庫に最低4時間ほど冷やす。

    ☆アラン・デュカスからのアドバイス
    このチョコレートムースは1年中楽しめますよ。そして冬には皮をむいたクレマンティーヌ、夏にはいちごやフランボワーズなど、季節のフルーツサラダを添えてください。とてもよく合って新しいおいしさが生まれますよ。

    ☆ポール・ネラ(※)からのアドバイス
    しょうがとチョコレートはどちらも媚薬にもなるといわれています。まさかではあるのですが、役に立つこともあるかもしれません……。

    ※ポール・ネラ:料理人と栄養士を祖父母に持つ。プロの料理人にエスコフィエ(フランス料理を体系化したもの)の教えを伝える研修学校「スタージュ・エスコフィエ」の創設者で、栄養と美食の第一人者。


    ~『アラン・デュカスのナチュールデザート』より抜粋

全2件中 1 - 2件を表示

アラン・デュカスの作品

ツイートする