おひなさまの いえ (ワンダーおはなし絵本)

制作 : 吉田 朋子 
  • 世界文化社
3.55
  • (3)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418138012

作品紹介・あらすじ

真夜中のひな人形のお店で、おひなさまの声がします。「わたしたちだけになっちゃったわ」「こうしちゃいられないよ」売れ残ってしまったおひなさまたちは、住む家を探しに出ました。でも、こけしがいたり、五月人形が住んでいたり…。なかなか空いている家は見つかりません。そこに流しびながやってきて、いっしょに川くだり。そして、見つけたのは、ぼろぼろの古い家。さあ、おひなさまたちはどうするのでしょう…。自分たちの住む家は自分たちで探す。元気なおひなさまたちのおはなしです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お雛様をお姫様と呼ぶ3歳娘。季節のない国に住んでいるので3月には実物を見せたいな。

  • ちりめんの 着物が きれい♪

  • 26年度(2-1)

    5分

  • もうすぐ雛祭り。
    ところが、雛人形を売っているお店で売れ残ったお雛様たちがいた。
    お雛様たちはお店を抜け出し自分たちで住むべきところを探そうとする。
    ところが、こけしがいたり、五月人形がいたりと既に住人がいてお雛様たちの住む家はなかなか見つからない。
    川に着くと流し雛が流れていた。
    流し雛と一緒に葉っぱに乗って川を下る。
    その先のとあるおんぼろの家に入って見みると人は住んでいなく、人形もない。
    雛人形たちはここに住もうと決め、一生懸命掃除をする。
    着物が汚れてしまったので洗濯もする。
    すっかりきれいになってちらし寿司を作って雛祭りを祝おうとしているところへねずみたちがやってきた。
    お客さんのねずみを迎え、雛人形たちは雛壇に収まって雛祭りを過ごすのだった。

    刺繍で出来た絵がかわいい。
    全部作るの大変そう。

    家に先にこけしがいても、五月人形がいてもいいと思うけれど…。
    男の子と女の子のいる家だってあるんだし、とそこがちょっと引っ掛かる。

  • もう直ぐ、お雛さん。。。飾り付けって、クリスマスにツリーを出すのと同じ感覚なのかな?

    世界文化社のPR
    「ひな祭りの前後に読みたい絵本。絵本に出てくるおひなさまは108体、すべて手作りです!
    大切にしたい日本の伝統行事、ひな祭りの由来もわかる。

    【担当編集者からオススメの一言】
    真夜中の雛人形のお店で、おひなさまの声がします。
    「わたしたちだけになっちゃったわ」
    「こうしちゃいられないよ」
    売れ残ってしまったおひなさまたちは、住む家を探しに出ました。
    でも、こけしがいたり、五月人形が住んでいたり……。
    なかなか空いている家は見つかりません。

    そこに流し雛がやってきて、いっしょに川下り。
    そして、見つけたのは、ぼろぼろの古家。
    さあ、おひなさまたちはどうするのでしょう……。

    自分たちの住む家は自分たちで探す。
    元気なおひなさまたちのおはなしです。対象年齢3歳から6歳。 」

全5件中 1 - 5件を表示

ねぎしれいこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
馬場 のぼる
tupera t...
長谷川 義史
山田 三郎
かがくい ひろし
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする