ワンダーおはなし絵本 おおきなキャベツ

著者 : 岡信子
制作 : 中村 景児 
  • 世界文化社 (2013年7月19日発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 18人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418138227

作品紹介

キャベツ畑の中の、ある一つのキャベツだけが、<br/>どういうわけかどんどんどん大きくなって、<br/>子どもたちの楽しい遊び場になりました。ところが・・・。<br/><br/>ページめくりの楽しさに加え、<br/>はらはらどきどきの面白さが<br/>満載の創作お話絵本です。<br/><br/>子どもたちの心を豊かにし、<br/>夢を育む絶好の一冊です。<br/><br/>なお本書は、小学校2年生の教科書に<br/>長く掲載されているお話で、<br/>多くの読者の声から一冊の<br/>上製本の絵本になりました。

ワンダーおはなし絵本 おおきなキャベツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャベツを栽培している町の畑のキャベツが1つだけ大きくなって、子供たちの遊び場所になる。
    暑い夏でもヒンヤリしていて気持ちがいい。
    ところが突然キャベツが丸くなって子供たちが中に閉じ込められてしまった。
    100人のおすもうさんでも歯が立たず、100台のクレーン車やショベルカーでも歯が立たず。
    最後はみんなで1枚ずつキャベツの葉をはがしていくことに。
    100枚の葉をはがし、すっかりキャベツが細くなったころ、キャベツがパカーンと開いて、子供たちが飛び出してくる。
    その夜は町中の家がキャベツ料理を食べたのだった。
    キャベツの好きな子も嫌いな子も。
    それからも子供たちはキャベツが大きくなるのを待っているのだった。

    小学校二年生の教科書に載っている話らしい。
    あまりひねりのない話だと思ったけれど、小二くらいにはちょうどいいのかな。
    100人のおすもうさん、100台の重機、100枚の葉っぱには驚き。
    何事もなく、みんな助かってよかった。

全1件中 1 - 1件を表示

岡信子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
さいとう しのぶ
やぎ たみこ
岡田 よしたか
馬場 のぼる
加藤 休ミ
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンダーおはなし絵本 おおきなキャベツはこんな本です

ツイートする