すてきなおうちのつくりかた インテリア上手に学ぶ、モノの見せかた、しまいかた

著者 :
  • 世界文化社
2.82
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 90
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418144044

作品紹介・あらすじ

人気インテリアコーディネーターとして活躍する著者が、インテリア上手な7人のお宅にお邪魔して、収納方法を徹底解説します。ごちゃつく日用品の数々、趣味で集めたモノたち…、日々増え続けるモノも、“見せる”と“しまう”の2ステップをマスターすれば、すてきに生まれ変わります。かわいくて分かりやすいイラストによるアドバイスがたくさん紹介されているので、どんなおうちでも必ず再現できます。すてきなインテリアの裏には、うまい収納あり!この1冊があれば、毎日スッキリときれいな状態が続いた、理想の我が家が作れます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 飾る前に、収納。川上さんはいつも分かりやすい。

  • 7人の方の家の実例をもとに、家族人数や何を優先させているのか。から見た素敵な収納方法。
    どの家も家主たちの”好き”のこだわりとかが溢れててよかった。

  • イラストがなごむ。そしてとてもわかりやすい。それもまた無駄なものを見せずに、見せたいものだけを見せるということのひとつなのかも。
    まず収納、とにかく収納。さっそく部屋から浮いた色合いのものをしまった。

  •  インテリアコーディネーターの著者が自ら選んだ「インテリア上手」7軒を訪問しながら、その“うまさ”に迫る本です。

     取材・文章・イラストともに著者自身が手掛けており、特にイラストが非常に可愛らしく、整理されていて魅力的です。
     訪問先の家庭の背景や、部屋を構築した際のエピソードも充実しており、インテリアの技術を得るだけでなく読み物としても楽しめる内容になっています。


     実際に取り入れるという点では、誰にでもすぐにできる簡単なテクニックから、真似をするには少々難易度の高いものまで、様々なアドバイスが掲載されている印象です。

     難しいものについては
    「すてきなおうちを作るには、常に【どうすればよくなるか】と気にし続けることが大切」
     というテーマ通り、達成するには読み手の意欲が問われる面もあります。

     お手本となる7軒の訪問先は、皆建築家やアーティストといったハイセンスな専門職であったり、高収入と思われる家庭です。
     一般家庭で真似をするにはやや非現実的な側面もあり、それに対してどう取り組むかは、まさに「【どうすればよくなるか】と気にし続けることが大切」といえるでしょう。

     しかし、仮に盗める技術に限界がある場合でも、一冊の本として丁寧に作られたとても素敵な本です。
     興味のある方は、手に取ってみるのをお勧めします。

  • メモ まず自分の心に響いていることが大事なのです。あの家具がすき、色がすき、あんな毎日にしたい、あの雰囲気が楽しい…。自分がいいなと思うこと、チャーミングだと思うこと、それにまっすぐ取り組むから「すてきなおうち」になっていきます。

  • いや、「すてきなおうち」でした。
    日々の片づけが満足にできていない我が家にとっては、かなりハードルが高かったけど、目の保養になりました。

  • かわいいイラスト絵が特徴の、インテリアコーディネーター川上ユキさんの本。

    かねがね一冊読んでみたいと思っていて、川上さんのイラストやテクはもちろん、7人のすてきなおうち写真が見られてお得なこの本をチョイス。

    部屋の見取り図イラストは、単にかわいいから人気なんだと思っていましたが、実際に読むと違いました。
    部屋の家具配置やインテリアの構成要素が、実物写真でみるより川上さんのイラストをみるほうが明快!
    余分なものを省いてエッセンスだけをイラストとしてかいているからなのですね。
    簡略化して、視覚化して魅せる、プレゼンテーションの基本をここに見たり。

全7件中 1 - 7件を表示

川上ユキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする