スコットランド酔夢紀行 シングルモルトへの旅 

著者 :
制作 : 齋藤 亮一 
  • 世界文化社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418155057

作品紹介・あらすじ

無類のウイスキー通である詩人・佐々木幹郎が、東京、大阪の知られざるバーで、そして聖地スコットランドの蒸溜所まで出向いて、最高の銘酒を破顔痛飲する極上のエッセイ! 日本で始めてウイスキーを作ったNHKの朝ドラ『マッサン』の舞台、山崎・余市にも足を伸ばし「魂の水」を堪能する。思わずウイスキーが飲みたくなる1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年11月14日読了。

  • 詩人による、東京・大阪のバー、そして日本・スコットランドの蒸留所訪問記。
    挿入されている写真が非常にうまく撮れており、現地の雰囲気がよく伝わってきます。(著者には申し訳ないですが、現地の風景・様子よりも著者の近影が印象に残る写真が多く、勿体無いように思いました)。

    その通りだなと深く感心したのは、「スコットランドでお酒を飲むときの魅力。それを一言で言えば、夕陽に頬を照らされて飲む楽しみ、に尽きる。」という一節(p39)。
    本書を読む少し前に訪れたスコットランドでは、緯度が高いために日没が遅く、夜7時や8時にようやくゆっくりと沈みかける太陽に照らされたウイスキーの緋色がとても印象的でした。

    やっぱりウイスキーっていいなと思える一冊でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。詩人。中原中也研究の第一人者。詩と音楽のコラボレーション、オペラの脚本も手がける。詩集に『蜂蜜採り』『明日』など、評論に『東北を聴く――民謡の原点を訪ねて』『中原中也――沈黙の音楽』などがある。

「2018年 『大正=歴史の踊り場とは何か 現代の起点を探る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スコットランド酔夢紀行 シングルモルトへの旅 のその他の作品

佐々木幹郎の作品

スコットランド酔夢紀行 シングルモルトへの旅 を本棚に登録しているひと

ツイートする