うちゅうへ いこう! わかたせんちょうからのことば

  • 世界文化社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418158027

作品紹介・あらすじ

”3・2・1…ロケット発射! さあ、宇宙へ旅にでよう!” <br/>日本人として初めて国際宇宙ステーションの船長を務めた若田光一宇宙飛行士をナビゲーターに、ロケットの打ち上げや宇宙滞在の様子を写真で紹介する科学絵本。”ロケットはどうやって宇宙へ行くの?” ”宇宙飛行士はどんな宇宙食を食べているの?” 子どもたちが知りたい宇宙生活の様子を、大迫力の写真とやさしい言葉で綴っています。巻末には、太陽系の広がりがひと目でわかる図鑑コーナーも収録した、充実の一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドラえもんの映画の影響で宇宙を知ったので借りてきた一冊。写真がメインの絵本で興味深そうに見ていた。ただ、まだ物語のほうがよかったかな?

    3歳5ケ月

  • 若田光一さんの目線からロケットや国際宇宙ステーションでの生活を紹介してくれる本。写真が豊富で5歳半の息子にも分かりやすかったようです。この本をきっかけに、ロケットが発射する動画を見たがったり地球儀を持ってきたり、興味の幅が広がっています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1963年、埼玉県に生まれる。九州大学工学部航空工学科卒業。九州大学大学院工学研究科修士課程修了。2004年、同大学院工学府航空宇宙工学専攻博士課程修了。博士(工学)。1989年、日本航空株式会社に入社。1992年、宇宙開発事業団(現JAXA)が募集した宇宙飛行士の候補者に選ばれる。日本人初のミッションスペシャリストとして、スペースシャトルSTS-72ミッション(1996年)に搭乗、STS-92ミッション(2000年)では日本人の宇宙飛行士として初めて国際宇宙ステーション(ISS)の組み立てを行った。2009年3月から、第18/19/20次長期滞在ミッションにフライトエンジニアとして搭乗し、日本人初のISS長期滞在を行う。2010年、NASA宇宙飛行士室ISS運用ブランチ・チーフ就任。2013年11月より第38/39次長期滞在クルーとして約半年間ISSに滞在。第39次長期滞在においては、日本人初となるISSコマンダー(船長)を務める。これまでの宇宙滞在期間は合計347日8時間33分で日本人最長。2016年、JAXA国際宇宙ステーションプログラムマネージャー就任。

「2017年 『続ける力 人の価値は、努力の量によって決まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若田光一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
エリック=カール
三浦 太郎
なかがわ りえこ
馬場 のぼる
竹下 文子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×