夏井いつきの超カンタン! 俳句塾

著者 :
  • 世界文化社
3.67
  • (2)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418162178

作品紹介・あらすじ

毒舌キャラで人気の俳人・夏井先生の手にかかれば、ありきたりな平凡な句があっと驚くイメージ豊かな一句へと早変わり! 本書は、そのミラクルな言葉の化学変化の秘密を初公開。5・7・5にパズルのように言葉をはめ込めば、脳を鍛えて幸せホルモン・ドーパミンが泉のごとく湧いてくる。俳句を詠めば、脳が若返る! ストレスに強くなる! 脳科学者・茂木健一郎氏の対談を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良い句とあと一歩の句の添削例が多く、とても参考になった。
    先生の俳句への情熱がガンガン伝わりました。

  • 俳句の作り方には、⑴一物仕立てと⑵取り合わせの2つの方法がある。一物仕立ては季語を深掘りして一句を構成するものだが、中途半端な句になりやすく、初心者には難しい。取り合わせはある季語と、それと関係のない言葉を取り合わせる作り方。連想による相乗効果が期待される。先に季語と関係のない俳句のタネを作り方、その後、歳時記から俳句のタネに会うイメージの季語を付け加える。俳句のタネは日常の何気ない物事から。俳句は感覚的で抽象的なもの。俳句鑑賞は、作者が込めた思いは何なのか、自身の想像力を総動員させること。

  • 「プレバト!!」ですっかり大ファンになってしまった夏井先生の本.
    夏井先生の俳句に対する情熱と,俳句・日本語の奥深さを感じる.1語変えるだけでこんなに印象が違うのかと.
    小中学校で俳句を読んだ時は何とも思わなかったけど,年齢重ねるとその味わい深さを感じられるようになった.

  • テレビの辛口添削でおなじみの夏井先生の本。

    ただ読む分にはいいけど、作るには・・・(-_-;)

    ああ、やっぱり俳句は苦手だわ・・・(-_-;)

  • バラエティ番組でお馴染みの夏井先生。

    番組では「才能なし」に対してケチョンケチョンの辛口批評だけれど、先生が少し手を加えるだけで本当にまるで違ってくるからさすがだ。

    この本の後半でも一般の人から集めた句を添削しているのだが、「なるほど~」という感じ。

    前半は脳科学者の茂木健一郎先生との対談で、俳句を作ることを脳科学的に分析されている。

    俳句を作る習慣があると「無駄なことは一つもない」という。

    どんなにつらいこと、悲しいこと、落ち込むことがあったとしても、その状況を客観的に見ることでストレスが緩和されるとのこと。

    お金もかからず心のセルフケアができる、俳句ってすごい。

    図書館スタッフ(東生駒):ノビコ

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100395495

  • 俳句難しい。でも楽しい。

  • 入口に最適

  • 添削、楽しい。穂村さんの短歌の添削が好きだけど、俳句の添削も同じくらい楽しかったよ。

  • 前半の茂木健一郎氏との対談式のものは、正直言っていらないと思う。しかもページをかなり使ってしまっている。
    夏井先生の文章と添削例をもっと掲載して欲しかった。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

俳句集団「いつき組」組長

夏井いつきの超カンタン! 俳句塾のその他の作品

夏井いつきの作品

ツイートする