また、犬と暮らして。

著者 :
  • 世界文化社
4.07
  • (5)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418165018

作品紹介・あらすじ

「またね、富士丸」の著者による、その後の愛犬との暮らしを描くエッセイ。前作で描かれた愛犬・富士丸の死から立ち直り、新たに飼い始めた大吉&福助との新しい生活。ペットロスに悩む人やこれから犬を飼おうと考えている人にとって参考になる実用情報も満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「またね、富士丸。」を読んだとき喪失感を感じて痛々しく辛かった。
    また穏やかな日々が綴られていてよかったと思う。

  • 富士丸の時からブログを拝見していて、最近またわんこと暮らし始めたことを知りました。

    ブログに加筆ということで一つ一つの文章は長くなくて、読みやすいです。

    大吉くんと福助君。
    それぞれのかわいさがよくわかる一冊です。

  • 富士丸は一読者に過ぎない私でも、かなーり悲しかった。この作者らしい自然体な立ち直り方で、また犬と暮らし始めてくれて、富士丸も安心したと思うよ。

  • 富士丸君が亡くなったと知った時、
    とにかく悲しくて悲しくて涙が止まらなかった。
    会ったことも触ったこともない、よそ様の家のワンコだというのに・・・
    時々ブログをのぞいていただけの私でさえこうなのだから
    飼い主の穴澤さんは一体どうなってしまうのだろうと
    本気で心配したことを思い出しました。

    あれから数年が過ぎて、今穴澤さんはまた犬と暮らしています。
    しかも今度は二匹^^
    自分が壊れてしまうほどの別れの悲しみを経験した穴澤さんが
    それでもまた『犬と暮らす』という選択をしたことが
    とてもうれしい。
    犬との別れで傷ついた心を癒してくれるのは
    やっぱり犬だと思うから。

全5件中 1 - 5件を表示

また、犬と暮らして。のその他の作品

また、犬と暮らして。 Kindle版 また、犬と暮らして。 穴澤賢

穴澤賢の作品

ツイートする