見に行ける 西洋建築歴史さんぽ

著者 :
制作 : 増田 彰久 
  • 世界文化社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418172146

作品紹介・あらすじ

ニッポンの近代化を見つめてきた、全国各地45の建物たち。官公庁から学校、オフィスビル、ホテル、邸宅まで。その西洋建築が建てられた時代と、その建築を舞台として繰り広げられた人々の物語に焦点を当てながら西洋建築を読み解きます。紹介されている西洋建築はすべて一般公開されており、アクセス等、実際の見学に役立つインフォメーション付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美しい写真と解説、コーヒーにもワインにも合う本です。
    近場には行きましたが、地方のはなかなか見に行けていません、今年こそはぜひ。

  • 【所在・貸出状況を見る】 https://sistlb.sist.ac.jp/opac/volume/207176

  • 西洋建築には、西洋への憧憬や和魂洋才なども感じられるのが面白く、機会を見つけては訪ねています。本書のおかげで、さらに訪ねたい建物を知りました。残念だったのは、紹介文ですね。200以上もの洋館を訪ねられたですから、こだわりや偏愛のある紹介の方がいいと思います。

  • 日本全国にある「見に行ける」洋館を紹介している一冊だ。
    増田彰久氏の写真がすばらしく美しい。
    文章を担当している玉手氏は経歴を見るとどうもテレビマンのようで、建築や建築史がご専門ではないよう。そのためか、各建物を紹介する「前フリ」が専門家とは全然違うところからアプローチしてきて面白い。
    ただ、参考文献などの紹介がなく、どこから引いてきた話を述べているのかがわからないのが気になった。
    たとえば旧開智学校のエンジェルの像が何をモデルにして作られたのか、という説は藤森照信氏の自説だと思うし、小川三知が日本初のステンドグラス作家・・・というくだりは、宇野澤辰雄は?どういう説で日本初?と気になるし、そのあたりは「専門家」ではないからこそ丁寧にフォローしてほしいと思った。

    と、やたら細かいことが気になってしまったけれど全体的には読んでいて楽しい一冊だった。

全4件中 1 - 4件を表示

玉手義朗の作品

ツイートする