時間を旅する40軒 東京 古民家カフェ日和

著者 :
  • 世界文化社
3.50
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418192090

作品紹介・あらすじ

庭が素敵なカフェ、はだしでくつろげるカフェ、縁側で日向ぼっこできるカフェ――
次はどの古民家カフェに会いに行こう。
変わりゆく街・東京で、今なお懐かしい姿をとどめる、古民家カフェの案内本です。

築50年以上の建物は、もとは民家や蔵、旅籠など。
かたちを変え、カフェとして愛されるまでの珠玉の物語を40軒紹介します。
カフェの雰囲気を伝える美しい写真は、眺めているだけでも心を癒してくれます。
古くは江戸から、昭和、平成、そして新時代へ――
東京の変化を見つめ、今も呼吸を続ける古民家たち。
その軒下で珈琲の香りを楽しみながら、建物の記憶をたどる旅へと出かけてみませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国分寺の歴史的建築「沖本邸」を血縁ない主婦が相続…私費でカフェに改修 市は国有形文化財に申請:東京新聞 TOKYO Web
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/56047?rct=thatsu

    東京 古民家カフェ日和…川口葉子著 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン
    https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/review/20190720-OYT8T50164/

    東京 古民家カフェ日和・川口 葉子 (著) - 世界文化社|書籍・ムック
    https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/19209.html

  • 築50年以上の古民家、倉庫などを改装して営まれている東京都内のカフェを紹介しています。その古民家の歴史やそこに住んできた人の生き方、そして今現在、その場でカフェを営む人たちの思いが、写真と共に丁寧に書かれています。「コーヒーのおいしさは単体で完成するのではなく、時間と空間の中で味わってこそ印象に残るもの。」というオーナーの方の言葉が印象的です。機会があれば訪れてみたくなるところばかりでした。古民家カフェで本を読みながら一杯のコーヒーをじっくり味わってみたくなりました。

  • 古民家カフェの、それまでの経緯や店主、元の住民の思い入れが描かれており、単なるお店紹介本で終わってはいない。

    ここでのんびり、お茶をしながら、心の赴くままに過ごしたり、本を読みたくなる。

    読むだけでもホッとする。

  • 最近はあまり行けてないけどカフェ大好きです。
    特にそれが古民家だったら尚更。
    東京限定の本になっちゃうけど、昔のアパートや長屋や倉庫などを利用してオシャレに営んでるカフェは本当に憧れます。
    ちょっと郊外まで出ちゃうと大き過ぎちゃって・・・
    こじんまりした方が好き。

    NHKの「ふるカフェ系」でも紹介されたお店が何件かあり。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

20年以上日本のコーヒーシーンを取材し、その魅力を発信し続けているライター、喫茶写真家。コーヒー中毒者。著書に『京都カフェ散歩 喫茶都市をめぐる』(祥伝社)、『東京古民家カフェ日和』(世界文化社)、『カフェノナマエ』(キノブックス)、『東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴』『京都・大阪・神戸の喫茶店 珈琲三都物語』(実業之日本社)他多数。雑誌、webなどでカフェやコーヒー特集の監修、記事執筆も多い。ツイッターやインスタグラムなどでも喫茶店やカフェの魅力を日々発信している。

ツイッター:@Tokyo_Cafemania
インスタグラム:@yohko_kawaguchi

「2021年 『喫茶人かく語りき 言葉で旅する喫茶店』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川口葉子の作品

ツイートする
×