何もそこまで

著者 :
  • 世界文化社
3.64
  • (4)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418965076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずのキレ。
    鋭い視線からのー巧みな表現力、ボキャブラリー。
    毎度のことながら脱帽。

  • 大好きですよ。ナンシー関さん。美しい文書が書ける人。作家作家してなくて、いつも近くにいる「辛口のお姉さま」って感じで。そこはかとない女性らしい弱さとか、ちょっと悩んでる感じとか。逆にちょっと頑張ってみてる感じや、頑張って生きるんだ!というテンションも。その時々の心情が、なんとなく書いてくださる文章に反映されていて、大好きでした。いなくなってしまってホントに残念です。さみしいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962-2002 青森県生まれ。法政大学中退。消しゴム版画家。雑誌のエッセイや対談でも活躍中。著書に『ナンシー関の顔面手帖94夏』『信仰の現場』『小耳にはさもう』ほか多数。

「2014年 『語りあかそう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

何もそこまでのその他の作品

何もそこまで (角川文庫) 文庫 何もそこまで (角川文庫) ナンシー関

ナンシー関の作品

ツイートする