コンテンツビジネスの会計

制作 : あずさ監査法人 
  • 税務経理協会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784419048372

作品紹介・あらすじ

いま、時代はコンテンツ。地デジ、ワンセグ、オンラインゲーム。「資金調達と会計」を新たに章立てし、最新情報を詳述した改訂版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あずさ監査法人が社内の情報共有のために実施した研修の教材がもとになっている。映画、音楽、出版、ゲーム、放送、コンテンツ配信、の各ビジネスの会計に関するポイントがまとまっている。[more]

    コンテンツが資産として計上されるためには、支配、測定可能性、経済的便益、回収可能性の4要件を有する必要がある。 p48

    映画フィルムについては特別な償却率による償却が認められている。特別な償却率は、上映日からの経過月数に応じて、以下の償却率で償却を行なう方法であり、残存科学はゼロである。ただし、特別な償却率は複数の常設館において順次上映されるものに限られ、特別な償却率の適用に際しては所轄国税局長の認定が必要になる。 p58

    資金調達のためのビークル
     任意組合
     匿名組合
     投資事業有限責任組合(LPS)
     有限責任事業組合(LLP)
     知的財産権信託
     合同運用指定金銭信託

    邦画ビジネスにおいて、完成した映画は製作者(製作委員会)から配給会社に配給委託され、配給会社が興行会社(映画館)に映画フィルムをレンタルする。興行会社は興行収入のうち、所定の配分率(以下、歩率という)にもとづき配給会社にフィルムレンタルに対する対価として支払う(配給会社に支払われるものを配給収入という)。大手配給会社は、配給収入からP&A費を控除し、差額のうち所定の割合を配給手数料とし、残りの製作者に配分する。 p145

    音楽CDのようにパッケージ化された商品の売上は出荷基準で計上する。 p169

    【目次】
    1.コンテンツビジネス総論
     コンテンツビジネスの概要
     コンテンツビジネスの現状
     日本におけるコンテンツビジネスの課題
     知的財産の創造、保護及び活用に関する推進計画
     投資対象としてのコンテンツの評価
    2.著作権と会計
     著作権法とは
     著作権法の規定
     著作権を取り巻く課題
     コンテンツビジネス会計総論
     著作権等の税務
    3.資金調達と会計
     コンテンツビジネスにおける資金調達
     資金調達と会計
     組合の連結
    4.新たな情報流通プラットフォームとしてのISP
     ISPとは
     ISPの機能
     情報ビジネスとISP
     コンテンツ流通ボトルネックとISP
     コンテンツ供給者からみたISP
    5.映画ビジネスと会計
     映画ビジネスのフロー
     映画の権利関係
     映画の会計処理
     貸借対照表、損益計算書における表示
    6.音楽ビジネスと会計
     ビジネスの流れ
     音楽ビジネスの権利関係
     収益認識基準と返品調整引当金
     制作者の会計処理
     権利関係(印税)の会計処理
    7.出版ビジネスと会計
     ビジネスの流れ
     出版ビジネスの権利関係
     出版ビジネスの会計
     出版ビジネスと引当金
    8.ゲームビジネスと会計
     ゲームビジネス
     ゲームビジネスフロー
     ゲームビジネスの特徴
     ゲームビジネスにおける会計処理
    9.放送ビジネスと会計
     放送事業とは
     放送ビジネスにおける権利関係
     放送ビジネスの会計処理
    10.コンテンツ配信ビジネスと会計
     コンテンツ配信ビジネスとは
     コンテンツ配信ビジネスの枠組み
     コンテンツ配信ビジネスのビジネスモデル
     コンテンツ・アグリゲーターの収益および費用構造
     コンテンツ・アグリゲーターの会計処理

  • I/P 20070323

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

有限責任 あずさ監査法人は、全国主要都市に約6,000名の人員を擁し、監査や保証業務をはじめ、IFRSアドバイザリー、アカウンティングアドバイザリー、金融関連アドバイザリー、IT関連アドバイザリー、企業成長支援アドバイザリーを提供している。金融、情報・通信・メディア、パブリックセクター、流通・小売業、エネルギー、製造など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供している。

「2017年 『ROIC経営 稼ぐ力の創造と戦略的対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コンテンツビジネスの会計のその他の作品

ツイートする