夢みる機械 (ジャンプスーパーコミックス)

著者 :
  • 創美社
3.87
  • (40)
  • (25)
  • (50)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 239
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420137508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢と現実がどっちがどっちか分からなくなる感じ、たまらん。
    現実に起こっとってもおかしくないんじゃないか、既に現実がそうなんじゃないかと思えるような話ばっかりでぞわっとした。
    しかもあの表紙はなんだ。何でかたつ無理を連れているのだ。(…)
    東京駅で迷子になる話はひとごとじゃないと思うよ(笑)

  • 『夢みる機械』は手塚治虫がブラック・ジャックの中で末期がんの少年が医師や母親までが異星人のすり替わっているんだ、と妄執にとり憑かれた恐怖に通じる。『猫パニック』の人間の愚鈍さ、『遠い国から』の諦観、『地獄の戦士』はアンドロイド(作中では人間のダミーとしてある)好きにはたまらない設定だ。

  • すべて心に残る短編集。
    諸星ワールド、ハマる!

  • 80点

  • 「夢みる機械」では主人公以外が全員ロボットにすり変わっていて、実は普通の人間は自分しか居ないことに気づくという恐怖の世界が描かれている。たいていの人は一瞬くらいこういう考えを持ったことはあるかもしれない。それが現実だったらその事実を確かめようがあるんだろうか。ロボットと人間に全く差異がないなら、それは自分にとってなんの変化もないことじゃないのか。うーん…、つくづく恐ろしい。

    「地獄の戦士」も基本的な問題は同じだ。みんなが人造人間になって、いつの間にか人間はほとんど居なくなってしまった世界。ただし人造人間は本物の人間のように個性を得る才能がないため、そのモデルとなる人間を必要とする。人造人間はモデルを利用して普通の社会生活を営み、本物の方は社会での存在価値を失い、いずれ廃人となっていく。

    いずれの作品も、現実と妄想の間を補完せず、その世界の中だけでリアリティを描いてるところに作者の卓越したセンスを感じる。他のSF漫画でここまで突き抜けた設定を考えた人はいないと思う。

  • 「食事の時間」と「遠い国から」が悪くなかった。山肌を滑り落ちる家がシュール。

  • 数え切れないけど何度目かの読了につき記事編集。
    ホラー色は薄く、SF&ファンタジー寄りの短編集。
    身代わりロボットを題材にした表題作や、
    遠い惑星の摩訶不思議な情景を描いた「遠い国から」など、
    秀作揃い。

  •  

  • 「商社の赤い花」の世界観と語り口に惹き込まれました。
    会社の為に生まれ、会社の為に生き、会社に翻弄された赤い花のものがたりが好きです。
    終焉に孤独の匂う、思い出深い大好きな一冊。

  • 実家所蔵

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2018年 『諸星大二郎 <大増補新版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢みる機械 (ジャンプスーパーコミックス)のその他の作品

夢みる機械 (サンコミックス)の詳細を見る コミック 夢みる機械 (サンコミックス) 諸星大二郎

諸星大二郎の作品

夢みる機械 (ジャンプスーパーコミックス)に関連するまとめ

ツイートする