ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)

  • 集英社クリエイティブ
3.58
  • (7)
  • (28)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 241
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420152587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テルマエ・ロマエを買いに行って、隣にあったこれもつい買ってしまった。
    90年代、日本、ジャコモは60年代の日本滞在を回想する。同時に子供時代~ファシズムの台頭する青年時代も。
    60年代のシーンに出てくる作家は、三島由紀夫や寺山修司がモチーフなんだろうか?ちょっと詳しくないので違っていたら恥ずかしいんだけど…。
    すごく文学的な漫画。これをオフィスYOUで連載って意外な気がする。続きが楽しみ。

    ※田部氏のモデルは安部公房氏らしい…。慌ててwikiってみたけど、名前は知ってるのにどんな人だか全く知らなかった(;ω;`)。

  • 1960年代の日本を舞台に、ヴェネチア出身の大学教授
    ジャコモ・フォスカリを通して、高度経済成長期の日本や
    古代ローマ、イタリアの文化・思想の風景を書いている作品で、
    いろんな部分が興味深くおもしろかったです。
    BLの要素があると思ってもなかったので
    最初は少しとまどったけど、うっすらとした要素だけなのと
    人物がとても魅力的なので、気にならずに読み進められました。

    ジャコさんと三島由紀夫と安部公房がモデルと思われる
    日本を代表する文学者たちとのやりとりや
    見たことのない音楽喫茶があった時代のノスタルジー。

    立ち上がろうとするパワーと、今の日本が失った大切なことを
    ジャコさんというフィルターを通してどう書いてくれるのか
    今後の展開がすごく楽しみです。

  • -

  • テルマエロマエのヤマザキマリ氏が描く、意欲作。ジャケ買い。渋いイタリアオヤジが主人公という取っ付きにくさも何のその、これは絶対期待できる!

  • 三島由紀夫ぽい人が出てますね。

  • テルマエでもそうなんだけれど、おっさん、おばちゃんを描くとむちゃくちゃ味わいがあっていい! 続きが楽しみ!

  • 退廃的な雰囲気と、主人公の回想と現実がリンクしているところと、歴史を絡めているところと……など、好みの漫画だわ~。

    続きがとても気になるが、現在officeYOUでは連載していないようなので、無事に完結するか不安……。
    どうなっているんだろう。

  • 「テルマエ」やその他のエッセイコミックとはまた違った雰囲気で。

    謎の美少年、その姉(?)がこの先どう主人公とかかわってくるのか。淡々とした日常が描かれるなかでの、この美少年の存在が気になる。

  • 1960年代、日本に客員教授としてやってきたイタリア人のジャコモ?フォスカリ。子ども時代の、古代ローマを愛するきっかけと父とのこと、奔放で魅力的な使用人の息子アンドレアのことを回想したり、花見に出かけた先で、知らない人の席で共に飲み、酔いつぶれたり、作家たちと交流したり。お気に入りのクラシック喫茶の美少年の店員が気になったり、その姉との物語が描かれたり。おだやかで真面目でいながら、そればかりではなく、隙があったり、思いを巡らせたり。目が離せない感。モンターレの詩集はちょっと気になる。

  • また、変な感じのマンガをかきだしたな~。ヤマザキ マリ。そして、引き出し多いな。
    シリアスなお話ですが、どこか変なユーモアがあっておもしろい。独特の雰囲気のあるマンガになっています。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者紹介】 ヤマザキ マリ(やまざき まり)
漫画家。1967年、東京生まれ。17歳でイタリアに渡り、フィレンツェにて油絵を学ぶ。その後、エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在イタリア在住。『テルマエ・ロマエ』(KADOKAWAエンターブレイン)で漫画大賞2010、および第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。900万部のベストセラーに。他に『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『スティーブ・ジョブズ』(いずれも講談社)、『プリニウス』、『パスタぎらい』(新潮社)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)、『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎)など。

「2019年 『地球生まれで旅育ち ヤマザキマリ流人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)のその他の作品

ヤマザキ・マリの作品

ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする