Do Da Dancin’!ヴェネチア国際編 12 (オフィスユーコミックス)

  • 112人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (12)
    • (22)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 槙村さとる
  • 集英社クリエイティブ (2012年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420152631

Do Da Dancin’!ヴェネチア国際編 12 (オフィスユーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだか同じことがグルグルと繰り返されているような気がします。鯛ちゃんは成長しているのかなぁ。

  • うーーーん・・。やっぱり鯛子に感情移入できないなぁ。たぶんもう読まない。

  • 恋愛も小波乱がありつつも上手くいき、コンクールの方もサクサクっと当然のように二次まで行って、出来レースというのがどうなるのか、次巻が楽しみです。

  • 最新刊再読。出た、オーレリア!主人公はあくまで手の届かない至高の存在。でも病気?このパターン、バレエ漫画の定石よね。京極小夜子に千花ちゃんに。競い合うシーンの無い巻ジリジリが減るので星三つ。

  • ようやくヴェネチア国際が始まった。
    ここまで長く引っ張ったので、一次審査、二次審査、とまた1つ1つ時間をかけて進むのかな、と思ってたら、この巻だけで割りとあっさり二次まで終わった。

    話の展開としては、今までと大きくは変わらないかな。
    新しい場所で新しい強力なライバルが現れて、恋人とケンカして心がぶれて、でも周りの人の優しさでなんとか持ちこたえていく…という感じ。

    でも周りのドロドロした感情・物言いに、あまり鯛子が動揺しなくなったかも。
    ひとしきりアワアワしたりせず、冷たい言葉を浴びても「それが何か?」とすぐ開き直ってる感じ。

    バレエコンクールでの出来レース問題、というのは新しい展開かも。
    新しいライバル、オーレリアがどんな背景を持った人なのか気になる。

  • 踊るまでにどんだけ時間をかけるんだ~(呆)

  • バレエでの葛藤よりも、周りのクロさが見えた巻。
    鯛ちゃんはいつも考えが飛びまくってるねw

  • なかなか進まず、また続きが早く読みたい!
    タイちゃんみんなから、愛されキャラで、三上くんもカッコ良くて、この巻では人間らしい感情を出していたので可愛かったりしました^_^

  • いいな、いいな~!
    タイコの様な感性、素敵だなあ

  • 鯛子ちゃんほんとにかわいいなぁw

    指輪もらえるのかなぁ。
    ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

全15件中 1 - 10件を表示

Do Da Dancin’!ヴェネチア国際編 12 (オフィスユーコミックス)のその他の作品

槙村さとるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

Do Da Dancin’!ヴェネチア国際編 12 (オフィスユーコミックス)はこんなマンガです

ツイートする