日日べんとう 13 (オフィスユーコミックス)

著者 :
  • 集英社クリエイティブ
3.67
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 77
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420153911

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完結。新人の不注意で黒焦げにされたわっぱ。仕事はできるが、何かあれば自分が被害者、パワハラだと叫ぶ新人を、否定し排除するでなく、言うことはまっすぐ言い冷静に指摘し、それを繰り返し彼女も変わっていき。紫藤さんも貴理子も大人だなあと。そして深まる二人の関係。貴理子の母ともミラノで会おうと思えるくらいに。もっとも、さらりと育児放棄してあんたの男を寝とったことまだ根に持ってんの、しつこいわね、という人に優しい気持ちにはなれず。そして、田舎で菜園作りに精を出す荒井からの連絡。死ぬ間際にデートしてよ、貴理子に、てぐらい繋いでやるよと。最後は荒井合宿所での、紫藤オフィスの面々と、紫藤パパ、貴理子弟も集まり、穏やかな関係が描かれ、新人わっぱの登場でしめくくられ。あたたかく、真摯で、いい物語に触れられた感。

  • 東北の禅寺育ちで、生き方が真っ直ぐ過ぎて不器用な黄理ちゃん32歳。
    ワッパのお弁当が相棒。
    デザイナーを目指して日々修行中です。

    母親との確執や恋模様を軸にして、なによりも「食べる」という事の大事さが描かれています。

    命って誰がデザインしてるのかなぁ。
    生き物は生きている間
    どーしたってものを食べる。
    あーだこーだ考え過ぎないように。

    時折、亡くなった育ての親の方丈爺が現れて、禅語で行く道を示します。
    黄理ちゃんが悩んだ時に語られる、この禅語はすごく心に響きました。

    前後裁断
    明日と昨日を切って
    今日一日を生きる!

    終わりの後には、始まりがまっている。

  • 完結!しみじみいいな。

  • 201910/

  • あらー、これで完結だったのか。
    色んなところが、予定調和的におさまって、いいラストだった。
    紫藤くんの、先が思いやられるところもあるけど、もーーーwって笑ってしまった。
    方丈爺、大好きなので、お別れは寂しい。。。
    一部、どうしようもない相手もいるけど、ま、それはそれでしょうがないよね。
    イタリアのパパ&ママと、あのエプロンの話が好き。
    いつか、番外編が読めたら嬉しい。

  • 最終巻。

    紫藤と今後も共に生きていく決意が語られて安心しました。
    子供はチャレンジするってことだけど結果は語られなかったのはちょっと残念。
    でも紫藤と黄理子が仲良くしてるシーンは羨ましいくらいで良かったです!

    母親との関係もまぁ落ち着いて、色々と解決したラストだったと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

佐野未央子の作品

ツイートする
×