プラネット・ラダー 1 (クリムゾンコミックス)

  • 創美社
3.61
  • (38)
  • (31)
  • (105)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 287
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420170024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クラ皇帝の「結果で考えろ、イドゥ」は名言。
    泣き所の一つや二つ突かれても、痛くも痒くもないような人だからなあ…。すごいけど嫌な奴。でもすごい。

    あんまりこういう性格の人物って、マンガに出てこないよね。


    他の方のレビューにもあるように、表情の表現が豊か!好きです。

  • おもしろい。
    最後までうまくまとまっていると思う。

    多元宇宙とかぐや姫のお話。

  • SFファンタジー?壮大でドラマチックな展開が好み。なるしまゆり先生は頭が良い人を描くのが上手いなぁ(バンビちゃん好きv)

  • 主人公かぐやは「普通」の女の子。
    それがある日、「あなないの娘を迎えにきた」と不思議な人たちがやって着て…。

    地球が七つある世界、時空のずれにより滅亡の日が近い。
    その中で、生き残れるたった一つの星を選べるのはかぐやだけ。
    どの星も生き残ろうとするが…。

  • 1-7(完結)

  • 全七巻

  • ほわっとした女の子が主人公。
    ただのほわっとした主人公なら好かんけど小人のくつやとか目指すけなげで芯のつよい子なので好き。
    多層宇宙で終末の世界でわたわたする話。

  • かぐら&かぐやについてベストカップルだと温かく見守る(というか押し倒せかぐやと声援するくらい)気持ち満々で見てましたので実は○○と知ったときの衝撃は!やられました。
    ここが好き!
    ■この心が永遠に君を赦すだろう(1巻)
    そんなコトラストメッセージに残されていなくなられたら壊れるって。でもその言葉が皇子の命をつなぎとめるすべてなのかもしれなかったり。

  • 全7巻。

  • パラレルな世界の設定が面白かったです。
    だんだんたくましくなっていくかぐやと、だんだんその天然ぶりが明らかになっていくセーウが面白かったです(笑)

著者プロフィール

性別を問わず、多くのファンを持つ実力派作家。
代表作は『少年魔法士』『鉄壱智』『ライトノベル』など。

「2014年 『ぼくと美しき弁護士の冒険(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プラネット・ラダー 1 (クリムゾンコミックス)のその他の作品

Planet Ladder ペーパーバック Planet Ladder なるしまゆり

なるしまゆりの作品

ツイートする