世界の果てでも漫画描き 3 チベット編 (集英社クリエイティブコミックス)

  • 集英社クリエイティブ
3.69
  • (11)
  • (24)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 205
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420220583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『テルマエ・ロマエ』の作者さんの諸国漫遊記、第3弾。
    今回はシリアからチベット、台湾といった国々をくるりと回っています。

    あちこちでの生活事情等が垣間見えて楽しくも。
    夫婦のはしゃぎっぷりと、どこか冷めた息子さんの対比が面白く。

    どこにいても発信ができる、凄い時代になったものです。。

  • 2013-3-2

  • 最後の聖戦舞台行きたい!
    インディに釣られる息子さんが可愛らしい。
    チベットに行ったりと行動力が素晴らしい。

  • 購入済み 読了

    イタリア人って、イタリア人って。
    真言密教調べてみよう。
    やっぱりチベットいってみたい。

  • ヤマザキマリの作品はすーっと読めるところが良い。今回も安定している。パリのくだりが特に面白かった。

  • 伊日人Seria弾丸tourが腹がよじれる程面白かったです。
    世界的有名な大河で姑ら…。
    地元民が知ったら訴えられそうです。
    デルス君のしっかりさも感動しました。

    TibetもEygpt同様に行ってみたい国ですが、平地に住んでる私は確実に高山病になりそうです。
    でも行ってみたいです。

  • 世界を流離う夫婦というか、それに振り回される息子がたくましく育っていく姿が良いですね。小さい時に遺跡の素晴らしさとかわかんないもの。そして、チベットにも一度行ってみたいけど漫画を読んで、映像だけで良いかとか思ったり…

  • 2013.4.1

  • せわしない旅☆

  • チベット編とあるが、大半はシリアのこと。最初の家族旅行であまりに感銘を受けて、それぞれの実家に、一生に一度は行かなきゃ、と自慢したら、なんと!同時期に、それぞれの実家から両親親戚友人がそろってしまい、夫のベッピーノがツアーをしきることに。もう、、、イタリア人のパワフルさもすごいけど、日本人だって負けてはいない。団体行動なんのその、興味があるものを見つければふらふらとそちらへ行き、「あとでタクシーで追いつくから」って。最初は気をもんでいたベッピーノも、一人見当たらないぐらいでは、うん、大丈夫、勝手にもどってくるでしょ、とどんとかまえるように^^。チベット編は、ヤマザキさんが日本での煮詰まりを解消するために向かったが、高山病であやうく死にかけたり、、、。苦手なバター茶もなんとか飲み干すも、お腹もこわし。。。でも、総じて出てくる人がパワフル。読んでるこっちにまでつたわってくるぐらいの。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者紹介】 ヤマザキ マリ(やまざき まり)
漫画家。1967年、東京生まれ。17歳でイタリアに渡り、フィレンツェにて油絵を学ぶ。その後、エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在イタリア在住。『テルマエ・ロマエ』(KADOKAWAエンターブレイン)で漫画大賞2010、および第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。900万部のベストセラーに。他に『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『スティーブ・ジョブズ』(いずれも講談社)、『プリニウス』、『パスタぎらい』(新潮社)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)、『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎)など。

「2019年 『地球で生きている ヤマザキマリ人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界の果てでも漫画描き 3 チベット編 (集英社クリエイティブコミックス)のその他の作品

ヤマザキ・マリの作品

世界の果てでも漫画描き 3 チベット編 (集英社クリエイティブコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする