愛をこうひと (創美社コミック文庫)

著者 : 曽根富美子
  • 創美社 (2000年4月18日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420250016

愛をこうひと (創美社コミック文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいる間ずっと胸が苦しかった。母親がひどすぎて、主人公が哀れすぎて。救いは素晴らしい家族を得られたこと。虐待の連鎖が止まって本当によかった。読み終わった後もずーっと重たいものが残ります。

  • モンスター婆の横暴に読者の怒りもヒートアップしていくが半生が分かると複雑な気分にもなる。
    後日談での落魄ぶりは寒気すらするが、主人公の旦那と娘さんが聖人に匹敵する程の人格者である事が話に大いなる救いをもたらしている。

  • この本を読むのは、2回目。下田治美のエッセイが大好きだが、小説となると雰囲気がまったく違う。本当に治さんが書いたの?と疑ってしまいたくなる感じ。小説も大変面白い。さて、主人公は母親から壮絶な虐待を受けながらも立派に育ち、愛する人と結ばれ母となった。かつて自分には縁がなかった家族を得たのだ。母親からの虐待の呪縛を逃れ大人になり、家庭を持ち、夫に先立たれたがシングルで無我夢中で愛情をかけて育児をした。その子どもも高校生となって、少し余裕が生まれた時、30年前になくなった実父の行方不明となった遺骨を探す。主人公は父が台湾人、母が日本人のハーフだ。日本だけではなく、台湾にも父親の遺骨を探しに行く。劣悪な環境から生き延び、暖かい家庭を持ち、優しい母親となって、主人公が普通の日常を手に入れ、とても嬉しく思う。

全3件中 1 - 3件を表示

愛をこうひと (創美社コミック文庫)のその他の作品

1-B0793QZQL6の詳細を見る Kindle版 1-B0793QZQL6 曽根富美子

曽根富美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする