Hマートで泣きながら

  • 集英社クリエイティブ
4.22
  • (31)
  • (25)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 441
感想 : 31
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784420310970

作品紹介・あらすじ

味の記憶は、愛の記憶

父はアメリカ人、母は韓国人。
十代の日々に一度は決裂しかけた母を闘病の末に亡くし、
韓国文化との唯一の架け橋を失ってしまった著者、
ミシェル・ザウナー(ジャパニーズ・ブレックファスト)がだどる、
喪失と再生のメモワール。

ニューヨークタイムズ、タイム、エンターテイメントウィークリーなど、10以上のメジャー媒体で2021年のベストブックに。オバマ大統領も推薦!

「Hマート」は、アジアの食材を専門に扱うアメリカのスーパーマーケット。人々が「故郷のかけら」や「自分のかけら」を探しにくるところ。――韓国人の母とアメリカ人の父のあいだに生まれたミシェルは、アイデンティティに揺れる十代のときに音楽活動にのめりこみ、猛反対する母親とは険悪な関係に。それから十年、やっとわだかまりがとけかかったころ、母親の病気が発覚。辛い闘病生活の末に母は亡くなってしまう。喪失感から立ち直れず、途方にくれていた彼女を癒してくれたのは、セラピーでも旅行でもなく――韓国料理だった。

【著者略歴】ミシェル・ザウナー Michelle Zauner
韓国ソウル生まれ。米国オレゴン州ユージーンで育つ。父はアメリカ人で母は韓国人。16歳でギターを手にし、作曲を始める。Japanese Breakfastの名で発表したアルバム「Psychopomp」(2016)で注目され、「Soft Sounds from Another Planet」(2017)を経て「Jubilee」(2021)を発表。2022年第64回グラミー賞2部門にノミネートされた。
「Crying in H mart』(本書)は2021年に刊行され、1年以上ニューヨークタイムズ・ベストセラーに入り、10以上のメジャーな媒体でベストブックに選出されている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Michelle Zauner(Japanese Breakfast)の回顧録『Hマートで泣きながら(Crying In H Mart)』が日本発売決定 | ガジェット通信 GetNews
    https://getnews.jp/archives/3342006

    Hマートで泣きながら|集英社クリエイティブ
    http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/2063/

    Hマートで泣きながら/ミシェル・ザウナー/雨海 弘美 | 集英社 ― SHUEISHA ―
    https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?isbn=978-4-420-31097-0


  • 韓国人の母とアメリカ人の父を持つ著者。末期癌と診断された母親を看取るまでの記憶を、家族との関係を軸に書いた日記のようなエッセイ。彼女のこれまでの生き様が丁寧に綴られる。母親との確執を解きながらも後悔したり過去を責める彼女の姿が、すごく胸に迫る。大切な人の死に直面したら、後悔することはどれだけあるのだろうか。彼女と母親の架け橋になったのは、韓国料理だった。キムチやのり巻きやごま油の味。彼女が韓国料理を作ろうとキッチンに立つとき、毎回母の記憶を手繰り寄せるのだろう。誰かと繋がり作るご飯はどんな味がするのかな。

  • チャプター11からはぽろぽろ泣きながら読んだ。
    私にも、自分のためにとってある10%がある。
    無意識にしていたことが物語の一部になっていて母娘への親近感がぐんと湧いた。

    時に娘として、時に母として、時に姉として、
    この作品に出てくる女性たちのそれぞれの立場に想いを馳せながら「終わらないでほしい」と願ってしまうほど没入し
    無心でページをめくって1日で読了した。

    個人的に心から凄いと思うのが、毒親家庭で育った父親を持ちながらも、著者が健やかに育ったこと。
    父親がかなり壮絶な育ちをしている今作のような場合、子どもにも何らかの影響が出る家庭が多いけど(思春期に紆余曲折あったとはいえ)
    母親が深い愛情で著者を包み、優しく厳しく育てて(しかも異国の白人コミュニティで!)最終的には著者自身が自分の出自に誇りを持てるようになるまでにステキな関係性が出来ていて、本当に凄いことだなぁと読みながら終始感動していた。

    The summer I turned prettyのOSTで偶然知ったJapanese breakfastの曲からこんな素敵な物語に出会えた幸運に胸が一杯になる。
    映画化されるとのことだけど、あまりにも本が素敵すぎて観たいような観たくないような…。

  • 著者が20代の時の体験が中心のため、感性や心身がフレッシュで元気だと感じた。母親の病を受け入れられず過度に回復を期待し副作用に苦しむ母親に無理に食べさせる場面や、彼氏と結婚したり、料理にいそしんだり、バンド活動したり、何というか…喪失前も後も、悲しみに打ちひしがれても、今後の自分の人生を埋める作業であふれているのだ。

    私のようなくたびれた中年だと「治らないことだってあるんだ」と自他の病を葛藤しながらも受容し、闘病中の姿を見て「私だって将来こうなるのだ」と自己に重ね合わせたり、モノも人間関係も断捨離したりと、引き算をする人生の段階にいる身としては、生命の痕跡を残すため奮闘している著者がとても眩しい。

    感心したのは、韓国人の結束の強さ。親友が数週間も住み込みで看病したり、姉妹として最大限のサポートをするとか…日本では親友や家族と言えど、ここまでするかというほど世話を焼いてくれる姿が印象的だ。

    個人的に爆笑したのが(笑う場面では全然ないが)、著者による最後の謝辞で、父親が出ない…!

    闘病中の身内を持つ者として、いずれ迎える喪失に備えた感情ワクチン的な効能としての本を時々読んでおり、本書もその関連本と勝手に見なして手に取ったが、別の本で「どれほど親が老いても、関係性はかつてのままで、お互い変わらないし、変われないのだ、という新たな失意を実感すること」という記述がぶっ刺さった身として、ほんとそれなという思いで読了。自己の確立に葛藤し挑戦し続ける著者を応援したい気持ちになる。

    ちなみに、食欲が刺激される本との評判だが、著者の母親の闘病の姿や著者の強く深い喪失の描写が苦しくて、食欲には至らず。しかし終盤の、みずみずしい描写でたまらなくなり、冷蔵庫からキムチ(チャンジャと水キムチ)を取り出した。キムチを食べながら読書をしたのは初めてです。

  • これは友達に勧めてもらった本。最初はなかなか流れに乗れなくて読み進められなくて、面白いんかなーなんて疑いを持ってしまったけど。とんでもない。疑うのが愚かな行為だって思わされるほど、親子の関係について、親子の関係にどれ程深く「食」というものが絡み合ってるか、また子への母の愛情の深さ(もちろん、父の愛情もあるだろうけど、この本は母がメイン。)があるのか再確認させてくれた。私の母はまだまだ健在だし、元気いっぱいだけど、いつかの別れについて考えさせてもくれた。命あるもの、いつか朽ち果てる。たまにこういった本を読まないと親は永遠ではないことを忘れてしまう。
    親子の関係については、とにかくこの2人はファンキーだった。全体を通してファンキー。特に、お母さんの方が物凄い強烈。だけど、読み進めると、娘もなかなかしっかり強烈で、親子だなって感じがする。
    そして、この話の肝、親子関係に絡んで美味しそうな母の手料理の話がたくさん。韓国料をたくさん知らないけど、ぜひ食べてみたいなってご飯がたくさんあった。それと同時に、やっぱりどの国でも母の料理の偉大さ、自分を作った母の味は一生物なんだなって。読み進めながら、自分の母親のご飯が恋しくなった。なんで今私は母のところにいないんだって何度も思った。何度も大好きな母の料理を思い出した、他人の母の料理なのに。それくらい色こく親子関係に「食」が韓国のカルビのタレみたいに絡み合ってた。
    ちなみに、彼女のお母さんが彼女にブーツを贈った話の時はもう涙が溢れそうになった、通勤ラッシュの満員電車で。
    とにかく、母は偉大なんだな。私は今のところ、母になる予定はないけど、なるならちょっとこのお母さんにみたいにファンキーで自分の母みたいに愛と優しさに溢れた感じになりたいな。

  • 先にJapanese Breakfastとして知っていたが、文才もすばらしいとは!過度にエモいわけではない、とてもみずみずしい筆致。

    「母親」と「食物」という、人がどうしても逃れられない根源にとことん向き合う若さと勇気と、その先に至った悟りや郷愁のようなものが、作品全体に充満している。さらにそこに彼女自身のブレイクまでの道のりが重なり、まさに「生きざま」を映すような唯一無二の作品になっていると思う。

    わたしは母であり娘でもあるので、ずっと涙腺が刺激され、胸がしめつけられるようだった。パートナーであるピーターの人となりも最高。

  • 二年前くらいになんとなく聞いていたNPRで紹介されていて、気になっていた本。日本語版が出ているなんて知らなくて、たまたま見つけて即買い。

    著者はいわゆる二世で、アメリカ人とのハーフ。
    母親は韓国からの移民。
    いわゆる反抗期から親との距離は精神的にも肉体的にも離れるが、ある日突然母が末期がんと知る。


    一世が祖国の味を恋しく思うのはあたりまえだけど、特に母親の味というのはこうやって次の代にもつながっていくんだなぁ。
    私の夫は四世にあたるけど、やっぱり二世三世と続いてきた味とそれに関連する想い出はいろいろあるみたい。

    それにしても、これは涙なしには読めない。
    お母さんって何なの?
    海外で初めて暮らし始めた時に、バラバラな出身のみんなでそんな話で盛り上がった。どこの国のお母さんも、おなじような、ハハオヤという種類の生物なんだ。
    "母は私のアーカイブだった。(中略)その母がいなくなり、こうしたことを聞ける人もいなくなった。記録されなかった事がらは母とともに死んでしまった。"

    "あなたに本当のことを話すのはお母さんだけ。なぜってあなたを本当に愛するのはお母さんだけだから。自分の十パーセントは自分のために取っておきなさい。(中略)万が一のとき、頼れるものがあるように。お父さんにだって全部はあげない。"

    お母さんってどうして子供や周りの人の、どうしようもないような細かーいことばかりなぜか覚えてて、そうか、それも愛なんだ。
    "今Hマートで食事をしている人たちの、どれくらいが家族を恋しがっているのだろう(中略)わたしみたいに人生から永遠に失われてしまった人を恋しく想いながらご飯を食べているのはどの人?"

    筆者のお母さまがご自身のお母さまを亡くされたところが、心がえぐられました。
    家族・親と離れて暮らすのは、それが自分の選択でも、つらいですよ。親と国を残して、何年も何十年も・・・。
    "あの時の私はまだ喪失の淵のこちら側にいて、向こう側には足を踏み入れたことがなかった"

    親元を離れて初めて親のありがたさが分かる。。。多くの人が一人暮らしで経験することだと思う。ない人もいるけど、反抗期があって、うるさいな、ほっておいてよ、友達といるほうがいい・・・そんな態度をとり続けておいて、ころっとそう思えるのは子供だけで、親はしこりがあるんだろうか。


    筆者のアイデンティティのゆらぎ?も面白い。
    アメリカで生まれ育ち、白人からは白人として扱われず、韓国に行けば韓国人として見られない。(これも夫が前言ってたな・・・)
    ずっとアメリカに溶け込みたかったのに、アメリカに居場所が欲しかったのに、お母さんの看病をするお母さんの韓国人の友人と一緒にいると自分を韓国人と認めてほしくてたまらない。お母さんの言葉、お母さんの家族の言葉、文化をわかりたい。
    母の家族といても、沢山言いたいこと、伝えたいことがあるのに、それを韓国語にできない。


    それにしても、彼氏(のち旦那さん)、良い人だなぁ。
    そして、お母さんの最後まで苦しみながらもたくさんそばで過ごせたのは、言葉が適切かわからないけど、羨ましい。


    お母さんを喜ばせようと必死に頑張った韓国料理
    お母さんを亡くし、その料理に支えられる。


    どんな高級なレストランの味よりも
    お母さんが忙しい朝にばっとつくってくれた海苔段のほうが記憶に残り、あたたかく、おいしい。
    料理があまり徳ではないおばあちゃんが、食パンを切ってバターでいためただけのおやつが、なつかしい、おいしい。
    そんな料理が誰にでもあるはず。
    この本を読みながら、どんなひとも自分の家族に思いをはせて、目頭を熱くするんじゃないかと思う。


    私はまだ淵のこちら側だけど
    いつか来るその日のことを考えてしまった。

    一番近いのに
    一番強く反発することもある

    一番愛しているはずなのに
    一番わかっていなかった人かもしれない

    "痛みを散らしてあげたい、お母さんへの愛を証明したいと、これほど切に願ったことはなかった。添い寝をし体をぴったりと押し付けて、苦しみを吸い取ってあげられたらどんなにいいか。人生は子どもに、親を想う気持ちを証明するチャンスを与えるべきじゃないか"


    訳(雨海弘美さん)も素晴らしいです。

  • 初読

    第1章Hマートで泣きながら
    だけでもちょっと圧倒される良さ。

    帯の「著者がたどる、喪失と再生のメモワール」
    に集約される、アメリカで、アメリカ人の父を持つ娘が韓国人の母を亡くす物語。

    私の亡母と同じ56歳での膵臓がんなので、
    なんとなくどういう感じなのかイメージは出来るのだけど、
    日本在住の日本人である我が家のケースとは
    やはり違って、彼女のルーツを巡る様々な思いが軸になっている。
    妻と母、同じ女性に対する喪失を父と共闘出来ない、
    というのがなんとも切なくリアルで。
    こういう事って起こっちゃうんだよなぁ
    24クールの抗癌剤治療も虚しく亡くなった妹を見た経験から、治療は2クールまで、家族がいなかったらそれもしたか怪しい、というお母さんの選択はよく理解できる、と思う。
    それでも苦しいのが末期癌なんだよね。

    ミシェルの幼少期、サンナクチから始まる味覚の冒険、
    大人を驚かし未熟な同世代をぞっとさせる事に喜びを見出す件、
    キッチン・コンフィデンシャルでもあった私の好きなやつ!

    「イェッポ」と心根の良さと外見の良さとの混同する美へのこだわり、食べ方にあれこれ口を出す愛情、家族で盛り上がる花札、あらゆる韓国ドラマや小説で見る韓国文化のあれこれがアメリカで白人の夫との娘を育てた1人の女性にもあったという記録。
    抗癌剤治療の後、家族韓国旅行での母の入院を経てアメリカに戻り、結婚式を挙げ、看取り、父とベトナムに旅行後、新婚旅行として再び韓国に行き、母がわかちあおうとした記憶をあらたに体験するミシェル。
    結局、人と人は記憶で結び付いているのだなぁと思う。

    それにしても、母の死後、思春期からの母との確執の原因になった音楽でミシェルが成功して
    ポン・ジュノがアカデミー賞を獲った年にグラミー最優秀新人賞と最優秀オルタナティブミュージックアルバム賞でノミネート、ヴァレンチノのドレスでBTSと記念撮影、といった華々しい成功を収める事になるとは!
    とはいえ、この作品はその前夜。料理を通してゆっくりと再生していくミシェル自身の物語が私にも浸透するような感覚が心地よかった。

    そして食べる物と民族と文化の結び付きの強さよ。どの文化の食べ物も絶対に貶めてはならない、絶対に。改めてそう思った。

  • 米国の女性ミュージシャンが、韓国人の亡き母を偲んでものしたエッセイをもとに連作小説に。
    ちょうど亡母の8回忌に読んでいたので…もう…思春期あたりに断絶があったことも含めて共感の涙涙。
    記憶に残る母の味、癌と闘う母のために作る料理、伯母や母友の滋味あふれるごはん…泣きながらおなかがへるのです。
    辻仁成が男手ひとつで息子を育てる助けとなったのは料理だったし、『検屍官』シリーズでスカーペッタが捜査の合間に作るのは凝ったイタリアン。料理することって、人を救うよね。

  • 声をあげて号泣した一冊。父の書斎に置いてあったのを何気なく手に取り読み始めたが、3時間夢中で読み切ってしまった。素晴らしい翻訳による韓国料理の描写にお腹を空かせつつ、もう若くはない自分の両親を大事にしようと思える本だった。

    カナダに留学中Hマートにお世話になっていたので、懐かしく感じたり、またルーツが韓国にある自分にとってはジョンやわかめスープなどの韓国料理や家族間の韓国文化など、馴染みの深い話が多かった。それもあって余計に感情移入してしまったのかもしれない。

    アメリカに住む韓国人ハーフとして、多感な思春期には自分の韓国人の部分を隠そうとしたり、逆に韓国に訪れる際には自身に韓国の血が流れていることを証明する部分を探してアピールする主人公が、自分を客観的に描写されているようで少し心がザワザワした。

    そして何より、主人公と母の関係がリアルで、自分と重ねてしまった。何歳になっても、親に褒められたい・認めてほしいという気持ちが自分にもあるのかもしれないなと思った。

    キムチ、作ってみたい。

全31件中 1 - 10件を表示

ミシェル・ザウナーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×