人を動かす 新装版

  • 創元社
4.25
  • (2328)
  • (1080)
  • (1036)
  • (60)
  • (15)
本棚登録 : 12795
レビュー : 1422
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422100517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カーネギーホールのカーネギーさんとは別人だった。松下幸之助さんのように、実業家の名言集だと長年思っていたら、職業作家さんの提言集でした。

    内容は、至極もっとも。
    例えば、人を変える9原則

    まずほめる
    遠まわしに注意を与える
    自分の過ちを話す
    命令をしない
    顔をつぶさない
    わずかなことでもほめる
    期待をかける
    激励する
    喜んで協力させる

    正しい。
    しかしどうもカーネギーさん自身が相手のことを愚者扱いしている気がするので★1つ減点。
    読者である自分も軽んじられているような気がしてさらに★1つ減点。

    うーん、カーネギーさんの頭が良すぎるのかしら。

  • 人と関わること、リーダーとして、また、家庭円満に必要なことがまとめてあります。
    どれも当たり前のことだけど、出来ていないと気づかされました。
    今後も時々この本を読み返すことで、人との接し方を戒めていきたいと思える本でした。

  • 今更ながらの名著。

    どこもかしこも素晴らしい、というレベルまで行かない事例も
    載っているので満点とは言い難いが、やっぱり名著。

    目次をコピーして、見えるところに貼っておけばOK,という
    村上憲男さんの発言があったが、確かにそれは有益だと思う。

    「自分が悪いと知ったら、相手にやっつけられる前に自分で自分を
    やっつけておいたほうが、はるかに愉快でないか。他人の非難よりも
    自己批判の方がよほど気が楽なはずだ」

    これは、有益な方法だ。

  • 事例があって解説がわかりやすいので教科書みたいな本です。さすがロングセラーといわれるだけあります。特に巻末の付録にある幸福な家庭をつくる七原則は、とても大昔に書かれた内容とは思えない感じでとても参考になりました。

  • 相手を認める

    ビジネス書、というくくりにすることに違和感があるが、人間関係について書かれた書物である。
    古典に近い印象を抱いており、どんな小難しい事が書いてあるのかと思いきや、意外とすんなり読めた。
    共通して訴える考え方はシンプルで、「相手の認知欲を満たす」ということ。
    これは存在や考え方を認める、という事だ。
    それはただ単にお世辞を並べる事ではなく、心から相手に向き合い、相手の考えに寄り添う事にある。

    ただ、読みながらこういう事が出来ればいいけど、常に相手ばかり認めていたら自分の承認欲求はどうなるのだろう、と疑問に思った。
    自分で自分を認めることが出来るようになりたいが、かなり客観的に自分を見つめる事が出来る、あるいは多大な自身を持っていなければ難しいように思う。

    お互いに認めあいながら、社会は形成されている。

  • 自己啓発本のさきがけともいうべき作品。
    ビジネスの世界では、一人で出来る仕事は一つもない。人を動かすことがどうしても不可欠。無理やりにやらせるのでななく、自発的に動くよう働きかける手法が書かれている。
    「重要感をもたせる」というのがとても大切だと思った。
    僕も職場で自分が頑張って済む時期は過ぎたと思う。周囲と協力していい仕事をするためにこの本から学んだ事を実践しなければ。

  • この本から新しい情報は得られない。
    今では当たり前で、良いとされている事柄を当時の具体例で説明している。
    古典なので、時間をかけて何回か読み返してみようと思う。

  • タイトル通り、「自分にとって問題のある他人の行動を、自己の意に添うように動かすためのヒント集」って感じ。総論なのでそこもっとkwsk!ってのは自分で考えるか他の本で捕捉するしかないみたいな。

    所々ピリッと来る文章があるのと、”礼儀”とか”常識”としてじゃなくて”心から”できているかというと違うなあと省みるきっかけになったのは良かった。
    半面、内容が重複してる処が多い(それだけ重要なんだろうけど)のと、社会人(特に接客業)なら普通にやってるよーという心構えが半分くらい、あと歴代大統領とか偉大なる成功者の例がたくさん出てくるけど、あんまその人知らないやごめん~というのが多くて何度か寝落ち。

    しかしこれ実践しようと思うと、訓練次第なんだろうとは思うけど、鉄の自制心がいるな~ってか「社交上手ではあるけど何か胡散臭い奴」になりそうな気がしないでもない。”心からの称賛”ってそんなホイホイ出ないし(だから効果的なんだけど)。ひとつ取り入れるとするなら、ニッコリ頻度を上げる?かなー。頭も要らないしスマイル¥0。日々、裏表なく、無償の笑みを与えられる人ってすごいって思うし。…できるかなー。

  • 長いこと積読状態だったが、ようやく読了。
    自己啓発本としても、リーダーが読むべきビジネス書としても高い評価を受ける不朽の名著。
    目次に書いてある事項こそが本書の内容そのものであり、ヒューマンリレーションシップについては本書以外の書籍を読む必要はないようにも思われる。

    最初に書かれているのが「人を動かす3原則」。
    ・盗っ人にも五分の理を認める(批判も非難もしない、苦情も言わない)
    ・重要感を持たせる(率直で誠実な評価を与える)
    ・人の立場に身を置く(強い欲求を起こさせる)

    その他、「人に好かれる6原則」「人を説得する12原則」「人を変える9原則」加えて付録として「幸福な家庭を作る7原則」。
    上記の各原則に関して豊富な事例が紹介されている。

    これらの事項は人に言われたからといってなかなか実践できるものではないため、本書に書かれている具体的事例を“素直な心で”読み、自分にできることからやってみる…といったように、読み手の内発的動機なくしては名著と言えども意味のないものになってしまうだろう。

    個人的には本書の前に読んだ「道は開ける」の方がインパクトがあった。
    いずれにせよ、カーネギーの本は何度も何度も繰り返し読む必要があるように思われる。「当たり前」のことを少しずつでも自らに浸透させるためにも。

    実践できていないことが多すぎることと、「道は開ける」の評価を4としているため、本書の評価は星3つとした。

  • 物事は論理的に、しかし、人に伝える時には感情的にってことを教えてくれた感動の一冊。最近、家庭教師を始めて、いかに心を動かすことが難しいかを学んでます。家庭教師なんて、どうやったらやる気になってくれるかが仕事のほとんどですからね。情けないことに、逆にたくさんのことを教えられちゃっています。

人を動かす 新装版のその他の作品

人を動かす 新装版 Kindle版 人を動かす 新装版 デール・カーネギー
人を動かす 単行本 人を動かす デール・カーネギー
人を動かす (HD双書 (1)) 単行本 人を動かす (HD双書 (1)) デール・カーネギー

デール・カーネギーの作品

ツイートする