サントリーで学んだ社会人の心構え―息子に語る三十三ヵ条

  • 10人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 杉森民博
  • 創元社 (2008年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422100791

サントリーで学んだ社会人の心構え―息子に語る三十三ヵ条の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】159.4||S
    【資料ID】91080860

  • 一般的なこと。でもこういう事を文字で記せるのは凄いと思う。著者は自分の経験から物を言うが、サントリーという大手企業で営業として実力をつけた自分に自信がある人。
    なんだか難しそうな人の印象。
    最後は愛妻家で、家柄の良い妻から品格を教わったと〆てる。
    一回読んだだけじゃ頭に入らないかな。

  • 「社会人とは社会に貢献しているもののこと。」

  • 【No.101】「自分が好かれていると感じれば、相手に好感を持ってしまうものだ。そして好感を持った人からは嫌われないものである」「習うは一生。人間は終生勉強である」「やる気は絶えず自分で出す努力をしていくもので、環境のせいにしてはならない。そして会社を担っている一員として、環境は自分自身で切り開いていくものである」「連休は学生のようにただ遊び感覚で過ごすのではなく、社会人として成長につながる休日にしてほしい」「趣味を増やすには、美術館や博物館、音楽ホール、劇場、スタジアムに足を運び、感動とともにそれぞれの世界に浸る時間を作ること」

  • ボスに読むように勧められた。(借りた)
    愛がある本だった。

全5件中 1 - 5件を表示

サントリーで学んだ社会人の心構え―息子に語る三十三ヵ条を本棚に登録しているひと

ツイートする