ユングのタイプ論―フォン・フランツによる劣等機能/ヒルマンによる感情機能

制作 : Marie‐Louise von Franz  James Hillman  角野 善宏  今西 徹  奥田 亮  小山 智朗 
  • 創元社 (2004年7月発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422113005

ユングのタイプ論―フォン・フランツによる劣等機能/ヒルマンによる感情機能の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユング自身の「タイプ論」はどちらかというとコンセプトの提示が主眼で、そのまま使えるもんじゃない。一方MBTIまで行ってしまうと、ハウツーの側面もあって当然ながら可能な限りシンプルに整理してある。言って見れば問題と答が我々の手元にある状態。

    でもそこで、答えを見る前に自分で考えてみたい(自分でやってみて始めて納得できるタイプというのもある)。しかしその問題と答の間の部分を知りたければ実際には多くの考察と試行錯誤があったはずで膨大なニュアンスの山に対峙することになるだろう。なんかいいのないかな。と思って見つけたのがこれ。表題から察するに、外向の感情機能が劣等なんて人にはスペシャル仕様ではないだろうか。時間が出来たら読みたい。

  • かなり良著。
    これでタイプ論についての理解の幅がかなり広がって、見えた。

全2件中 1 - 2件を表示

J.ヒルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
河合 隼雄
C.G. ユング
マリー・ルイゼ・...
河合 隼雄
C.G. ユング
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする