武田建のコーチングの心理学

著者 :
  • 創元社
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422113951

作品紹介・あらすじ

スポーツにおけるコーチングを素材に上司‐部下、教師‐生徒、親‐子などすべてに共通する指導の原理を明快な行動心理学のモデルをもとにわかりやすく語る武田流コーチングの極意。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  心理学関連の話は参考になったが、興味のないアメフトの話が長すぎて退屈だった。

  • 関学のアメフト部の育成に一貫して関わって来られた、もと学長でもある先生によるコーチング入門書。アメフトでの実例をベースにはしているが、子育てや部下育成などにも応用できる内容。短めのエッセイをまとめた仕上がりで読みやすい。

  • 元関西学院大学学長、
    関西福祉科学大学大学院教授

    自身の経験から、アメリカンフットボールのコーチをされていた時代を振り返って、
    コーチとはどうあるべきか、
    心理学的な面から記されている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

関西学院大学名誉教授

「2016年 『ソーシャルワークとは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田建のコーチングの心理学のその他の作品

武田建の作品

ツイートする