対人関係療法でなおす うつ病:病気の理解から対処法、ケアのポイントまで

著者 :
  • 創元社
3.64
  • (6)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 117
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422114613

作品紹介・あらすじ

うつ病の正しい理解からケアのポイントまでを対人関係療法的な視点からアプローチする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うつ病について、対人関係療法について、対人関係療法で行ううつ病の治療の考え方についてとてもわかりやすく書かれている本。
    事例が豊富でその過程を知ることで考え方を修正することができると思う。うつ病は治るもの。今は治療を行う役割を担っていると理解して罪悪感を持たずに治療に専念していきたいと感じた。

  • 対人関係療法について書かれた本。以前読んだ「対人関係療法でなおす 双極性障害」で取り扱われていたのは、双極性障害に特化した治療法であり、今回はより広い意味での対人関係療法について知りたいと考えて読んだ。

    うつ病になりやすい人となりにくい人は確かにいるが、同時に、どんなうつ病もストレスをきっかけにして起こってくる。その代表例が対人関係である。対人関係療法はこの対人関係のストレスを解決する治療法であると同時に、対人関係の力を活用して病気を治す治療法でもある。また、対人関係療法は、目新しい治療法を発明しようとして作られたものではなく、「人はどういったときにうつ病になるか」「すでに行われている治療の中で役に立つ要素はなにか」という観察から作られた常識的な治療法で、エビデンス・ベイストな治療法ということもできる。

    うつ病の発症のきっかけは身近な人に関わる問題だ。そして、病気そのものが身近な人間関係に大きな影響を与える。対人関係療法は、この身近な人間関係に着目して行われる。また、対人関係療法で取り扱うのは現在の人間関係の問題だ。過去は変えることはできず、私達は過去ではなく現在に生きているからだ。

    対人関係療法においては、うつ病を「病気」として強調していくことが治療戦略だ。そうすることによって、対人関係の不要な軋轢を減らすことができる。うつ病の治療は、病気として認めるところからしか始まらない。というのも、健康な人の役割と、鬱病の人の役割は180度異なるからだ。この「病者の役割」という考え方を採用するのも対人関係療法の特徴と言える。そうすると「ネガティブな捉え方」も単に症状の1つと考えられる。

    対人関係療法で目指していくことは、症状と対人関係問題との関連を理解すること、そして、対人関係問題を解決できるようになることで症状も解決していくことだ。これらは互いに連動しており、片方が改善すればもう片方も良くなる。治療の第1歩はこの関係を理解することだ。

    また、最も特徴的な戦略が、以下の4つの「問題領域」について取り組むことだ。①悲哀(重要な人の死を十分に悲しめていない)、②役割を巡る不一致(重要な人との不一致)、③役割の変化(生活上の変化にうまく適応できていない)、④対人関係の欠如(これら3つの問題領域のいずれも当てはまらない)

    対人関係療法では、徹底して「具体的な出来事・やりとり」について聞き、自分との関係が近く影響力のある「重要な他者」との関係を1つひとつ丁寧に振り返ってみる。これらの人達は人間の心の健康を守るために大きな役割を果たしている。上に挙げた4つの問題領域は、「重要な他者」との関係に注目したものだといえる。また、問題領域を選ぶ際には、あくまでも「発症のきっかけ」に注目すべきであり、病気の「結果」ではない。

    はじめに①の悲哀についてだ。悲哀そのものは人間としての正常は、むしろ必要な反応であるといえるが、この悲哀のプロセスが何かしらの理由によって正常に進まないとうつ病になることがある。よって、安全な環境の中で安心感を持った上で、出来事を思い出しながら、その時に自分が感じたことを思い出していく。そうすることによって少しずつ前進していく。

    次に②の役割をめぐる不一致だ。対人関係問題は解決可能であるということを示してくれるのが「役割期待のずれ」という考えだ。つまり、すべての対人関係上のストレスはこの「役割期待のずれ」として考えることができる。この視点から見ると、自分が相手へ期待していること、また相手から自分へ期待していることが妥当かどうかを検証し、それをどのように伝えているか、相手は理解しているのかと、コミュニケーションを検証することができる。そして問題が解決可能なものと考えられるようになる。

    そして③の役割の変化だ。私達にはいろいろな役割があり、人生においてはこれらの役割が変化することがある。そしてその変化は、内容が何であれ、人間にとってはストレスになりうるものだ。変化に際して、自分はどういう役割からどういう役割に進もうとしているのか、その準備に必要なものはなにか、ということを明らかにし、また、新しい役割の可能性を考えることが必要だ。

    最後に④の対人関係の欠如だ。これは、現在進行中の重要な人間関係がない、という人に当てはまる。しかし、この領域の出番は殆ど無い。殆どの患者がこれまで挙げてきた3つの問題領域のどれかに当てはまるからだ。現在親しい人間関係がないという患者も、これまでの人間関係の成功パターンと失敗パターンを整理することは、新たなパターンを作り出していくうえで役立つ。

  • うつ病の方と周りの方に病人としての役割をわかってもらうこと。役割のズレに注目すること。

  • 事例が面白かった。夫婦のやり取りも納得できる出来だった。対人関係を良くする話の持っていき方が良くわかった。

  • 自分で本を読んでできそうなことがありそうだと思える本。

  • いつのまにかこの世界が認知行動療法と対人関係療法のツー・トップの様相と化しており、端からエビデンス・ベースドがベースの戦略の大勝利だ、なんて言う皮肉な言い方はほどほどにしなければならないが、英米での隆盛はさておき、本邦の事情はこの両者の伝道師が師弟関係にあるというのが、関係者あるいはアンチ関係者の鼻を白ませる要因ではあるだろう。つまりCBTのシングルカット盤てことか? と?
    一読した限りでも使えそうな話法はずいぶんあるし、「その病気から学べきことを学び終わると病気は治る」なんてシビレる哲学もあるので、事情通ぶったよけいな憶測はエポケーして、クライアントに向き合うように向き合わねばならない(笑)

  • とても分かりやすい。
    「役割の変化」まさに職場復帰時のキーワードだと思います。
    復帰の時にぜひ取り入れると再燃・再発は減らせることが可能と思いました。
    産業保健看護職の人はぜひ読むべし!
    と個人的には思います。

  • ■うつ病は命に関わる病気

    うつ病の症状の一つに「自殺したくなる」という気持ちがあります。
    うつ病能症状として、そういう気持ちになる、というのは
    うつ病を知っておく効用である。





    ■治療が必要な理由

    実はうつ病は、治療しなくても治る病気だといわれています。
    基本的には「休めば治る」病気だと言うことです。

    実際に治療を受けずに回復している人は存在していますし、
    特に思春期のうつ病は、ひっそりと病んで、ひっそりと治っている人の方が
    多いと思います。
    思春期のうつ病は発見され難いし、環境の影響をとても受けやすいので、
    環境が好転することで改善することが多いのです。

    では、うつ病は治療しなくてもよいのかというと、
    そんなことはありません。
    まず、症状によるマイナスが大きすぎます。

    まず、症状によるマイナスが大きすぎます。
    なんといってもつらいですし、社会的にも色々な支障をきたします。

    思春期の場合は、大人に成長していく上で
    症状に大きく足をひっぱられることもあります。

    けれども、治療をすることによって、症状の重さも持続期間も短くすることができます。
    そして、最も注意しなければならないのは「自殺したがる」といううつ病の症状です。

    もしかしたら治療を受けなくてもなるかもしれないけれど
    それまでに自殺してしまったら、取り返しがつきません。


    うつ病の「繰り返しやすさ」も、治療が必要な理由の一つです。

  • 読みやすく、判りやすい内容で、「対人関係療法」についてよく理解できました。複雑な理論ではないので、治療者ではない普通の人にも、生活に取り入れやすい考え方だと思います。入門書として最適でした。

  • 職場に復職する方がいるので、読んでみました。
    うつ病を知る、治療法を知る、対人関係療法を知る、再発と回復期をしる、家族・周りのすべきことを知る・・・という流れで、読みやすかったです。
    メジャーな治療法ではない(薬物と認知療法が中心なんだそうです)とありましたが、とてもわかりやすかったです。
    うつ病にかぎらず、対人関係で悩んだりすることはだれでもあると思います。特に、この本の中の「役割をめぐる不一致」(自分が相手に対して無意識にもっている「こうなるべき」と相手との不一致や、「相手はこうしてほしいと思ってるはず」と実際の要望との不一致)はしょっちゅう起きると思います。そんな時、自分と相手で考えがずれているのかもと気づき(伝わっているはずと決めつけず)、解決法を示唆する箇所などはとても役に立つと思います。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水島広子(みずしま・ひろこ)
慶應義塾大学医学部卒業・同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改正などに取り組む。1997年に共訳『うつ病の対人関係療法』を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに、その普及啓発に努めている。現在は対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、国際対人関係療法学会理事。主な著書に『自分でできる対人関係療法』『トラウマの現実に向き合う』『拒食症・過食症を対人関係療法で治す』『怖れを手放す』『女子の人間関係』『自己肯定感、持っていますか?』『「毒親」の正体』などがある。

対人関係療法でなおす うつ病:病気の理解から対処法、ケアのポイントまでのその他の作品

水島広子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
最相 葉月
有効な右矢印 無効な右矢印

対人関係療法でなおす うつ病:病気の理解から対処法、ケアのポイントまでを本棚に登録しているひと

ツイートする