五感の力:未来への扉を開く

  • 創元社 (2013年5月13日発売)
2.33
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • 12人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422115641

作品紹介

空の様子からピタリと天気を予測するお母さん、自転車を乗り回す盲目のピアニスト、誤って洗剤が入った粉ミルクを拒否した生後2カ月の赤ちゃん……。五感の不思議と力を豊富なエピソードや科学的知見から説き明かし、自分の五感の用い方を知るチェックリスト、五感を磨くトレーニングや日常生活上の工夫など、五感をより生き生きと働かせるための具体的な取り組みを多数紹介する。五感を通じて新しい自分、他者、世界と出会う旅へ。

五感の力:未来への扉を開くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年以上前この著者の「ボディワークのすすめ」を読んで初めてロルフィングというものを知りました。

    当時はボディーワークという言葉も目新しく非常に斬新な内容だったと思います。

    この本では五感を通して感じる世界を色々と紹介しています

    改めて感じるのは自分はやっぱり触覚優位なんだなあということ。

  • 文献、友人、学生、著者の子供の経験を元に「こんなことがあるんですよ。不思議ですね」程度のことが薄く広く語られている。
    ボディーワークの研究者が学者にバカにされがちという話を聞いたことがあったが、申し訳ないが納得がいった。
    ちっともアカデミックじゃないんだもの!

    ここ最近、知的レベルが高く、なおかつ楽しんで読める本ばかりだったので、久しぶりにくだらない本を読んでしまった。

    著者は「自分の感性に耳を傾けろ」と書いているが、
    この人自身は、単に「読者が喜ぶから」その言葉を遣ったのではないだろうか。
    優秀な人なのだろうが、知的な感性が感じられない。

  • 冒頭から,五感を鍛えることが他者を理解するなどコミュニケーション向上につながると説いているのが特徴。自分が五感のどれを多く使っているのかをチェックするワークシート,五感それぞれの特徴説明,豊富な実例など,内容が濃い。スケッチや宗教音楽,俳句など,今まで関心のなかったものへの好奇心もわき,読んでいてわくわくした。

全3件中 1 - 3件を表示

五感の力:未来への扉を開くのその他の作品

五感の力: 未来への扉を開く Kindle版 五感の力: 未来への扉を開く グラバア俊子

グラバア俊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

五感の力:未来への扉を開くはこんな本です

ツイートする