治療のための精神分析ノート

著者 :
  • 創元社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422116167

作品紹介・あらすじ

「いのちの核はコトバでないものに支えられながら、ヒトの生はコトバによって支配されている」。著者は臨床の現場で、長くこの矛盾を乗り越えることをみずからのテーマとしてきた。コトバを治療の道具とする精神分析の治療の場で、文字言語を絶対的なものとせず、治療者と患者との間の時々刻々の関係性の変化に目をこらすことで、著者は治療の場に立ち上がってくるいのちの営みを掬い上げる。そうすることで、精神分析用語として知られるコトバの真に意味するところ、治療の本質を説いてゆく。精神分析の世界への導きに始まり、先達の教え(=理論)の咀嚼、さらには独自の技法と修練の方法を紹介するなど、半世紀以上にわたる臨床の集大成ともいえる著者、畢生の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・鳥と霊長類では視力が進化した。五感のなかで視力は対象との距離が遠い。一望が可能なので不肝臓がつくりやすい。ただし、視力は原理的に外界を平面増として捉える。広く淡い感覚情報である。そのことは、弁別の命名の作業には有利である。

    ・人は文字文化が描き出すイメージとして外界を認知する。それが雰囲気として新たな第二の境界となる。いかも文字文化はデジタルであるから、雰囲気というアナログとの間の細かな不一致は常である。「理解とは誤解の一種である」は真理である。
    誤解の程度を修正したりより生きやすい誤解に変えたりするのが、認知行動療法の作業の核である。そこから、新たなアナログとの出会いを導き、自然治癒力を発動させるのが治療機序である。
    他方、人の環界のうち、文字文化を介して取り込まれ新たな雰囲気となっている部分すなわち誤解に基づく第二の環界を、命名作業によって元の文字文化というデジタルに戻し、ヒトとしてのいのちになじんでいる雰囲気としての第一の環界との出会いの体験部分、すなわち命の「素の体験」と第二の環界との闘争図を作成するのが精神分析治療であり、その手段が自由連想法である。

    ・いま一つ、遺伝子の積極性を仮説するならば、適合する臨界期ではいのち全体が輝くはずである。ある年齢での幼児の水遊びでの高揚はその例であり、あの高揚の雰囲気が数多く出現するような子育てをしたいし、治療にもこの雰囲気を持ち込みたい。宮崎県の都井岬の野生の子馬が母馬の乳を探って甘える様子は生き生きと愛らしい。他方、北海道の日高牧場のサラブレッドの子馬は生後すぐに飛び跳ねる。

    ・いのちの学習を導くのは、いのちの近くから列挙すると「雰囲気」⇒「イメージ」⇒「音声言語」⇒「文字言語」⇒「文字文化」の順である。この学習の流れは、感性の後は必要に応じて逆流する。つまり、矢印が逆向きになる。たとえば、文字言語は「内言語」を介して「疑似音声言語」としていのちの学習につながる。他の矢印についても、実例を想像すると感性訓練になるはずである。
    精神分析治療で意識化していいのは音声言語以降である。

    ・抑圧とは、そのままでは葛藤の関係となる精神活動の片方を、意識から遠ざけるコーピングである。

    ・精神分析概念の多くと同様、投影も当人の表象界における事象であり、結果として生じた認識が先入見となり外界認知を歪めるのが過程の内実である。
    そう考えると思考が柔らかになり、治療者側の認知も投影による認知の歪みという先入見の影響下にあるとの影響下であるとの連想が生まれる。
    この連想から先入見を排除した認知を志向するのは誤りである。
    先入見は全学習の成果である。学習を排した認知とはアメーバの外界認知のレベルへの退行であり、訓練の一環として取り入れることは有用でも、現場でそればかりに徹するのは手間がかかり過ぎるだけでなく危険ですらある。

  • 自由連想についての自由連想。読み込むには相当の経験が必要。何度も読んで味わう本である。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

神田橋條治(かんだばし じょうじ) 鹿児島県生まれ。1961年に九州大学医学部を卒業後、1984年まで同大学医学部精神神経科。1971年から72年まで、モーズレイ病院、ならびにタビストックに留学。現在、鹿児島市にある伊敷病院に非常勤で勤めるかたわら、後輩の育成と指導に努める。
著書 『精神科診断面接のコツ』岩崎学術出版社、1984年(追補 1994年)/『発想の航跡 神田橋條治著作集』岩崎学術出版社、1988年/『精神療法面接のコツ』岩崎学術出版社、1990年/『対話精神療法の初心者への手引き』花クリニック神田橋研究会、1997年/『精神科養生のコツ』岩崎学術出版社、1999年(改訂 2009年)/『治療のこころ1~16』花クリニック神田橋研究会、2000~2010年/『「現場からの治療論」という物語』岩崎学術出版社、2006年/『対話精神療法の臨床能力を育てる』花クリニック神田橋研究会、2007年/『技を育む』(精神医学の知と技)中山書店、2011年/『神田橋條治 精神科講義』創元社、2012年/『神田橋條治 医学部講義』創元社、2013年

「2016年 『治療のための精神分析ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

治療のための精神分析ノートのその他の作品

治療のための精神分析ノート Kindle版 治療のための精神分析ノート 神田橋條治

神田橋條治の作品

ツイートする