ICBTインターネット認知行動療法ガイドブック

制作 : 長江 信和 
  • 創元社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422116303

作品紹介・あらすじ

インターネットを活用して認知行動療法を提供するインターネット認知行動療法(ICBT)を紹介する初めてのガイドブック。過去20年の研究成果をもとに、どのようにICBTを臨床に適用できるかを実例を交えつつコンパクトに解説。インターネット上の諸問題、対面式治療との併用法、うつ病・不安障害・身体症状に対するプログラムの詳細などを具体的に紹介しており、ネット時代の臨床家が心得ておくべき事柄が把握できる。

著者プロフィール

ゲルハルト・アンダーソン(Gerhard Andersson)
スウェーデンのリンショーピング大学行動科学・学習学部教授。カロリンスカ研究所臨床神経科学講座精神医学分野客員教授。臨床心理学博士、医学博士、公認心理療法士、認知行動療法家。聴覚神経科学が専門であるが、近年はインターネットによる認知行動療法(ICBT)の開発と普及に精力的に取り組んでいる。500本以上の論文と19の書籍を著し、41章を分担執筆している(h-indexは66)。翻訳書に『聴覚過敏―仕組みと診断そして治療法』(海文堂出版)がある。http://www.gerhardandersson.se/

「2016年 『ICBTインターネット認知行動療法ガイドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ICBTインターネット認知行動療法ガイドブックのその他の作品

ICBTインターネット認知行動療法ガイドブック Kindle版 ICBTインターネット認知行動療法ガイドブック ゲルハルト・アンダーソン

ゲルハルト・アンダーソンの作品

ICBTインターネット認知行動療法ガイドブックを本棚に登録しているひと

ツイートする