マンガで読み解く プロカウンセラーの共感の技術

著者 :
制作 : やまさき 拓味 
  • 創元社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422116679

作品紹介・あらすじ

プロカウンセラーシリーズ『共感の技術』のマンガ版。脚本・マンガは「優駿の門」シリーズで多くのファンをもつやまさき拓味先生。原作者・杉原先生が、あるときはバーのマスター、あるときはビルの守衛さん、またあるときは動物病院の院長先生に、そしてまたあるときは浅い共感と深い共感との違いを夫に説く優しい妻にと、さまざまに変装して登場し、生きづらさを抱えて悩む人たちに寄り添い、アドヴァイスする。一つひとつのストーリーが短いながらも奥深く、考えさせられる。本書で、共感とは何かを考えることは、自分はどんな人生を選択し、他者とともにどう生きてゆこうとしているのかを、改めて考え直すことに通じる。[もくじ]もくじプロローグ──共感とは何か第1話 考えるな、感じろ 杉原先生からのアドヴァイス①  共感はコミュニケーションの要(かなめ) 杉原先生からのアドヴァイス②  共感は「感じる」ことが必要第2話 ネガティブな感情に取り組む 杉原先生からのアドヴァイス③  相手の思いを受け止めて聴く第3話 何が変化を促(うなが)すのか 杉原先生からのアドヴァイス④  共感して一緒に考える第4話 共感を表現する力を高める 杉原先生からのアドヴァイス⑤  言葉以外で共感を表す方法第5話 浅い共感、深い共感 杉原先生からのアドヴァイス⑥  言葉にされないものを聴き取る第6話 対立する相手への共感 杉原先生からのアドヴァイス⑦  失敗が共感を深めるエピローグ──あなたも共感者になれるあとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6つのストーリーのマンガで共感の技術を理解する。
    感じること、感情を汲み取ること、共に対処を考えること、非言語の声のトーン・ピッチ、表情、視線、間を受け止めること、言葉の奥の感情を想うこと、対立の失敗も学びの機会とすること。
    共感という技術のキモになるところが分かりやすいが、各ストーリーの関係人物になって登場する原作者の怪人っぷりが一番印象的だった。
    17-136

  • 共感の技術について漫画で解説した本。
    なのだけど、その漫画がよく分からない。1話完結式なのはいいのだけど、どれもオチが謎すぎる。いったいどういう設定の話だったんだ。
    まあ、共感するってむずかしいということはよく分かる。自分の経験とあわせて「分かる分かる」と話すこともあるけど、一歩間違えたら「全然違うよ!」って思われるだろうしね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

京都大学学生総合支援センターセンター長・教授
[主著・論文]『統合的アプローチによる心理援助』金剛出版/『12 人のカウンセラーが語る12 の物語』(共編著)ミネルヴァ書房/『技芸( アート) としてのカウンセリング入門』創元社/『プロカウンセラーの共感の技術』創元社/『キャリアコンサルタントのためのカウンセリング入門』北大路書房/『心理カウンセラーと考えるハラスメントの予防と相談 』北大路書房 ほか多数

「2018年 『SNSカウンセリング入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マンガで読み解く プロカウンセラーの共感の技術のその他の作品

杉原保史の作品

マンガで読み解く プロカウンセラーの共感の技術を本棚に登録しているひと

ツイートする