図説 ギリシア・ローマ神話人物記:絵画と家系図で描く100人の物語

制作 : 山崎 正浩 
  • 創元社 (2011年4月6日発売)
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422143804

作品紹介

ゼウス、ヘラ、ポセイドン、アテナ、テセウス、ペルセウス、オデュッセウスなど、ギリシア・ローマ神話に登場する魅力的な神や人物を、絵画や家系図とともに解説。超越的な能力を持った個性的な神々や伝説の英雄、その子孫が織りなす物語の全体像と関係性がわかる格好の案内書。

図説 ギリシア・ローマ神話人物記:絵画と家系図で描く100人の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供には難しいけど中高生あたりならOKかな。
    系図が分かりやすいし、一人一人詳しく
    説明されているので、参考になります。
    日本も同じだけど神々の世界って摩訶不思議だ。

    ゲーム出でてくる人物のもとなので
    見てて子供と盛り上がったので楽しかった。

  • 三葛館一般 164||DA

    カオスからはじまる複雑な神話の世界を、家系図と絵画や彫刻などを交えて解説しています。美しい作品に引き込まれるとともに、誰もが目にしたことのある歴史的作品のもつ意味も理解できる、とても興味深い1冊です。

    和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64822

  • 図書館で借りて、パラパラと流し読み。

    何故か惹かれるギリシア神話。
    神様たちは、結構ムチャで、シュールです。
    とても面白いです。

    小説など、ギリシア神話がモチーフになってるものが、沢山あるので、その時々に関連する箇所を読むと、知識として残りそう。

    是非所有したい本ですね。

  • 国立西洋美術館の古代ギリシャ展に行ってきたので、ちょっとおさらいしてみました。

  •  最近、ギリシア神話に基づいた物語を読んだので、もっと詳しく神話に出てくる人物について知りたいと思ったのでこの本を選びました。
     たくさんの絵や詳しい家系図などが書かれており、説明文もとても分かりやすいので、初めてギリシア神話に触れる人も読みやすいと思います。
    (外国語学部/匿名希望)

     この本では、ギリシアやローマの神話に登場した人物達が、家系図や絵画を用いて説明されています。
     神話に興味のある人はぜひ一度手に取ってみてください。
    (教育学部・国語専修/匿名希望)

  • ギリシャ・ローマ神話に登場する神々や人々を、絵と系図で解説した本。項目一つ一つの記述は薄いが、人物のつながりなどがよくわかる。導入にはもってこいかも。絵画をふんだんに使用した構成も好感が持てる。

全8件中 1 - 8件を表示

マルコム・デイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
アポロドーロス
村上 春樹
エラ・フランシス...
タミム・アンサー...
村田 沙耶香
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

図説 ギリシア・ローマ神話人物記:絵画と家系図で描く100人の物語はこんな本です

ツイートする