百舌鳥古墳群をあるく:巨大古墳・全案内

著者 :
  • 創元社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422201542

作品紹介・あらすじ

なぜ、古墳はこんなに面白いのか。世界遺産登録を目指す百舌鳥(もず)古墳群は今、どうなっているのか――。人を惹きつけてやまない巨大な大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵古墳)をはじめ、中小の大きさも形もさまざまな古墳まで、現存するすべての古墳を探訪し、案内する。地元・泉州で文化財保存に携わってきた著者が、多数の図版・写真を交えながら、歴史的変遷から現状まで最新の考古学的知見とともに読者を現地へいざなう。

著者プロフィール

1947年大阪府泉南市生まれ。法政大学文学部史学科卒業。泉大津市教育委員会参事・文化財係長を歴任後、現在、文化財保存全国協議会常任委員、摂河泉地域資源研究所理事、日本考古学協会会員。著書『百舌鳥古墳群をあるく』『古市古墳群をあるく』(創元社)、共著書『河内飛鳥を訪ねてみよう』(松籟社)、『新版遺跡保存の辞典』(平凡社)など。

「2015年 『古市古墳群をあるく 巨大古墳・全案内』 で使われていた紹介文から引用しています。」

百舌鳥古墳群をあるく:巨大古墳・全案内のその他の作品

久世仁士の作品

ツイートする