カルタゴの興亡―甦る地中海国家 (「知の再発見」双書)

制作 : Azedine Beschaouch  藤崎 京子 
  • 創元社
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422210919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2000年以上も前、地中海にあった強大な経済大国「カルタゴ」。軍事国家ローマから2度も戦いを挑まれ(「ポエニ戦争」)てもなお立ち上がり、あまりの復興ぶりに恐怖させたのか三次ポエニ戦争で、カルタゴは徹底的に壊滅させられたという。炎は17日間燃え続け、灰は1mも積もっていたとか。
    殲滅されただけに、資料がほとんど残されていない。しかしその運命は人々の心に響いたのか、多くの芸術家に語られることとなったらしい。
    そういった資料をまとめ、書かれた本でした。
    おもしろかった〜。

    (今のカルタゴ(チュニジアにあります)は、きれいで静かな観光地のひとつです)

  • やっぱりハンニバルでしょう・・・青池保子氏の『カルタゴ幻想』という短編漫画を読んでから、気になっていた「カルタゴ」。ローマへの呪詛を残し、呪われた地として封印された国。歴史は、ロマンというよりも血で彩られたものばかりだなぁ。しかも、残された資料は勝者側からのものばかり。それにしても、象に跨って、ピレネーを越えてくるって・・・壮大だなぁ

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする