日本の開国:エミール・ギメ あるフランス人の見た明治 (「知の再発見」双書)

制作 : 尾本 圭子  Francis Macouin 
  • 創元社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422211145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 開国、そして異文化の流入によって花ひらいた転換期・明治。現在の素地となる様々な出来事や潮流が生まれた明治文化の多様性をご紹介します。
    <閲覧係より>
    明治9年、客船で日本へやってきたフランス人実業家・ギメと画家・レガメーによる開国当時の日本の様子。たくさんの図版と細やかな解説で、幕末から開国後の歴史的・文化的事象を覘くことができます。ギメは後に東洋美術などをフランスへ持ち帰り、その数々は有数なコレクションとなっている。
    -------------------------------------
    所在番号:210.6||オモ
    資料番号:10135409
    -------------------------------------

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ギメ東洋美術館館長顧問

「2010年 『『フェリックス・レガメー日本関連著作集成』フランス語原書復刻集成全3巻+別冊解説(日本語)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする