モネ:印象派の誕生 (「知の再発見」双書)

制作 : 高階 秀爾  Sylvie Patin  渡辺 隆司  村上 伸子 
  • 創元社
3.70
  • (8)
  • (8)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422211275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 印象派の代表的画家、モネの生涯をその作品とともに追った一冊。
    作品の解説というよりは、モネの人生そのものに焦点をおいた構成となっている。作品だけではなかなか見えてこない、モネの様々な側面を知ることができるだろう。
    名前の似た(?)マネや、デュラン=リュエルとの関係、更にモネの人生の後半を考える上で外せない「連作」など、モネの作品を取り巻くキーワードは多種多様である。モネの様々な姿に出会える一冊といえるだろう。

  • モネの絵はひとつも知らなかったが、この本を見て光の描写が素晴らしく、一度は本物を見てみたいも思った。

  • モネの創作活動について、初期から晩年まで丹念に追ってます。
    モネの友人や批評家との交友関係も資料としてまとめられており、丁寧なつくりになっていると思います。
    モネ自身の言葉が多数引用されている点も、良いです。

    モネって、兵役でアルジェリアに従軍してたんですね。

  • 有名な高階先生が監修のモネの本

    モネの生涯も丁寧に乗っているし、作品も時代や傾向に偏りなく
    いい作品が多くのっている
    図版が小さいのがちょっとざんねんだけど

    モネ

    っておもったらこの本

  • モネの本は各家庭に一冊はあるべきなのだ!(力説)

    このシリーズ集めようかな。

  • 印象派の革命の原動力となり、最後まで印象派の美学を貫き通したモネの生涯。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする