聖書入門 (「知の再発見」双書)

制作 : 船本 弘毅  Pierre Gibert  遠藤 ゆかり 
  • 創元社
3.05
  • (1)
  • (4)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422211534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原書名:La Bible

    第1章 「聖書」とは何か
    第2章 歴史書
    第3章 聖文学―知恵文学と詩
    第4章 預言書と黙示文学
    第5章 新約聖書
    第6章 2000年のあいだ読みつがれて
    資料篇―聖書の物語

    著者:ピエール・ジベール(Gibert, Pierre, 1936-、フランス、カトリック司祭)
    監修:船本弘毅(1934-2018、静岡、神学)
    訳者:遠藤ゆかり(1971-、翻訳家)

  • 最近ギリシア神話、仏教、キリスト教を同列に読み進めている。

    美術史系を深めるにあたり、少しずつこの三つを深めていけたらと思う。

    旧約聖書の中にあるお話とこれはどういうつながりの昔話かなかなか分からなかったものが少しつながり整理されたことがよかった。もう少し読んで深めていきたい。

  • ざっくり聖書とは何か知りたかったけど、私にはちょっと難しかった。
    でも聖書にこんなことが書いてあったとは知らなかった…

  • 入門者の僕としてはありがたかった。

    ”イスラエル”の意味とか興味深かったし、

    いつも新約ばかりだったので、
    旧約の世界が分かってよかった。

  • 本書は6章から成り、第1章で聖書の成り立ちと特色を明らかにし、第2章から第4章で旧約聖書、第5章で新約聖書の内容が紹介され、第6章では「2000年のあいだ読みつがれて」という標題の下に、聖書の翻訳と解釈の歴史が説明され、現代に生きるわたしたちにとって聖書が何を意味するかが述べられ、「キリスト教徒であるか否かにかかわらず、今後もわれわれ人類にとって聖書は、つねに普遍的な知恵をもたらし、文学や音楽、演劇など、豊かな芸術作品を生みだす源でありつづけるだろう」という言葉で結ばれています。そのあとの資料篇では、聖書のドラマを形成する重要な聖書の箇所が引用され、さながら聖書の中の聖書といった貴重な読み物となっています。

  • そりゃ聖書読む上では知っておいた方がいいけど、内容が少し偏ってる。解説も簡潔にまとめた雰囲気だけど、特に新約聖書は内容が薄い。たぶん全く聖書やキリスト教について知らない人が読んでも入門の入門くらい。ただ芸術作品と合わせて説明があるのが良かった…かな。

  • 29/100

    入門者な自分向きで良かったです。

  • 確かに聖書入門。

  • 徳島にある「大塚国際美術館」への旅行のための勉強本として借りる。
    http://www.o-museum.or.jp/japanese/index.html

全11件中 1 - 10件を表示

聖書入門 (「知の再発見」双書)のその他の作品

ツイートする