ヨーロッパ古城物語 (「知の再発見」双書)

  • 43人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (2)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 堀越 孝一  Jean Mesqui  遠藤 ゆかり 
  • 創元社 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422211954

作品紹介

中世ヨーロッパの城は、最初は土と木でできた簡素な防御施設として誕生し、その後、石材で建てられるようになった。そして土を小高く盛った「モット(盛り土)」や、天高くそびえる「ドンジョン(主塔)」がつくられるようになり、城は領主たちの権力の象徴となっていった。

ヨーロッパ古城物語 (「知の再発見」双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古城と言ってもほんとに初期の、中世の砦に近い城についての本。

  • 駆け出し中世マニアとしてはいいもの見つけ!という感じ。しかもヴィオレ・ル・デュクの名前が出てきては読まずばならぬ。

  • 中世ヨーロッパの城は、最初は土と木でできた簡素な防御施設として誕生し、その後、石材で建てられるようになった。そして土を小高く盛った「モット(盛り土)」や、天高くそびえる「ドンジョン(主塔)」がつくられるようになり、城は領主たちの権力の象徴となっていった。

  • 西洋の城の入門用予備知識によさそう。特に第四章。薪も油も高価なのに籠城戦で煮えた油とかあり得んとか、囚人は身代金の取れる財産、塔の基部に放り込むとかあり得んとかは、言われてみればそれはそうだよね。

  • このシリーズいつも通読するより図版を眺めるのが楽しいです。

  • 専門用語が多すぎて何が何だか…って感じなんですが。
    わかったようなわかってないような。でも概略だけつかめたかしら、とか。

    城とはつまり、権力を誇示できる建物で、戦時にも使われる建物であり、比較すれば平和な時間の方が長く、暮らしていかなければならない場所であった、といったところでしょうか。

    写真も絵も多くていいんだけど、語句がどの場所を示しているのかがわかりにくいのが難点かな。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
堀江 宏樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ヨーロッパ古城物語 (「知の再発見」双書)はこんな本です

ツイートする